Yandex(ヤンデックス)を利用したウェブ広告の集客マーケティング

yandex-logo

Yandex(ヤンデックス)概要

ロシア国民を筆頭に周辺諸国の人に広く利用されているYandex。
独自のマーケティング調査によって研究された独自のサービスを展開し、世界中に普及している検索エンジンGoogleのシェア拡大を物ともしないYandexの概要は以下の通り。

設立 2000年
CEO アルカディ・ヴォロズ
シェアエリア ロシア・カザフスタン・トルコ・ウクライナ・ベラルーシ
サービス 検索エンジン・ポータルサイト・電子メール・ロシア国内の詳細のマップ情報

なぜGoogleに勝てるのか

上記でも記述したように、GoogleになぜYandexが勝ち続けることができるのか。通常ならば、圧倒的なビッグデータを優秀なエンジニアを抱え込んでいるGoogleがシェアを拡大しそうなものだが、なぜそうならないのか。その理由を探っていきたいと思います。

ロシア語が難しい

世界的に見てもロシア語は文法や言葉の表現が難しいため、検索キーワードに対して最適な結果を返す精度がGoogleよりもYandexの方が高いというデータが出ており、Yandexが好まれて利用される1つの要因です。

ロシアに特化したサービスを展開

ロシア国内の詳細な地図情報、ロシア国内の細かい地域でも対応している天気予報を配信するなどロシアに特化したウェブサービスを展開しています。ロシア国内でのニーズをしっかりと理解した上でのサービス展開がユーザーに刺さっているということなのではないでしょうか。

現状の市場シェアはYandexが確保しているものの、ロシアという巨大市場をGoogleが諦めるはずがありません。事実、Googleは積極的にロシア国内に広告を配信しています。数年後どのような勢力図になっているのか、今から注目が集まります。

その他【Yandex】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略