訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

外国人観光客の温泉施設でのタトゥー問題!対策、対応はどうする?

2016年04月28日

タグ:

日本人に昔から愛されている温泉。

観光庁の発表によると、『外国人観光客が日本を訪れたときにやりたいこと』として約45.7%の方が温泉を挙げているというデータがあります。

多くの外国人の方に温泉を楽しんでもらえることは嬉しいことですが、せっかく温泉を楽しみに日本へやってきたのに、いざ温泉に入ろうとしたらタトゥー禁止のため利用できなかったというケースが多発し、この対応に頭を悩ませる温泉施設が増えています。

日本では、多くの温泉施設でタトゥー(入れ墨)が入っている人の入浴が禁止されているのが現状です。温泉だけでなく、プールや海水浴場など、不特定多数の人の目に触れる公共の場所では禁止されているほど、日本人はタトゥーに嫌悪感を示す人が少なくありません。

元々日本人の認識として、入れ墨が入っている人=その筋の人が定着しており、少なからず気を使う場面や怖いと思う場面が出てきてしまいます。

この前提があるため、日本で一般の人が心置きなく温泉施設を利用できるように、このような慣習が生まれました。

ところが、あまり筋ものの方たちが社会の表に出てこなくなったこともありますが、若い人の中にはファッション感覚でタトゥーを入れる人が増えてきたとはいえ、タトゥーへの理解はほぼないというのが現状なのです。

観光庁は昨年、入れ墨のある外国人の入浴への対応について、温泉施設のあるホテルや旅館などにアンケート調査を行った。その結果、56%が入れ墨のある客を断っていると回答したという。

2013年には北海道の石狩温泉で、ニュージーランドの先住民族のマオリ族の女性が、伝統的な入れ墨が顔に彫られているのを理由に入場を拒否され、これを機に入れ墨のある外国人観光客への対応に関心が高まった。

引用:bbc.com

外国人の方はファッション感覚や文化的な理由でタトゥーを入れるケースもあります。

外国人観光客が増えている中、タトゥーを入れた外国人観光客の温泉利用についてある発表がありました。

観光庁がタトゥーを入れた外国人観光客への対応事例を発表

2da52d720f5d01c464da1563afdf1578_s

観光庁は『入れ墨(タトゥー)がある外国人旅行者の入浴に際し留意すべきポイントと対応事例』を発表。
内容は下記の通りです。

①留意すべきポイント
・宗教、文化、ファッション等の様々な理由で入れ墨をしている場合があることに留意する。
・利用者相互間の理解を深める必要があることに留意する。
・入れ墨があることで衛生上の支障が生じるものではないことに留意する。

②入浴に関する対応事例
(1)一定の対応を求める方法
・シール等で入れ墨部分を覆い、他の入浴者から見えないようにする。
(衛生的な入浴着等を着用する方法も考えられる)
・入れ墨のサイズが小さく(例えば、手のひらサイズ)、他の入浴者に威圧感を与えない場合は特別な対応を求めない。

(2)入浴する時間帯を工夫する方法
・家族連れの入浴が少ない時間帯への入浴を促すようにする。

(3)貸切風呂等を案内する方法
・複数の風呂がある場合、浴場を仕分けてご案内する。
・貸切風呂がある施設では、貸切風呂の利用をご案内する。
・宿泊施設の場合、専用風呂のある客室等をご案内する。

引用:mlit.go.jp

タトゥーを入れている外国人観光客の方が入浴をしようとした際にどのようにしたら良いのか困惑していたホテルや旅館へ周知を広めていく思惑です。

温泉施設でのタトゥー、日本人からは反対意見が大半

3385101b25c51c1904013ec9865bccce_s

タトゥーを入れた外国人観光客の「温泉入浴」について、観光庁に対して疑問の声をあげる人が多くいます。

反対意見は8割、賛同する人は3割ほどいる印象です。

反対意見

どこまで、外国人(欧米人)に媚を売ればいいのか︎
文化交流って「ダメなものはダメ」って言えば成り立つものじゃないのかな。

 

タトゥーがあれば入浴できないと理解させるのが観光庁の仕事だろう。
日本の文化やマナーを潰すつもりか

 

タトゥーを文化というのは分かる。
それならそれをダメとする文化も尊重しないと。

 

海外旅行先の風習・禁忌を尊重するのは当たり前ではないのか?
タトゥーを入れるのは本人の自由意志・宗教上のしきたりでもかまわない。だが、そういう自分たちの価値観を訪問先に押しつけるのは違うと思う。

 

賛同意見

これを機にタトゥーが怖いってイメージを払拭すればいいよ
もうグローバルなんだから

 

刺青の何が悪いのでしょう。
ひとつのファッションでしかありません。
ピアスとかは良いのですか?何が違うのか、説明出来る人はいないのです。
仮に、全身にモンモンが入ったおじさんがいたとして、それが問題ありますか?
暴力団関係者であれば刺青の有無は関係ないですよね。

 

描いちゃったものは、しょうがない
日本人、外人、関係なく
温泉ぐらい、入れてやれ

引用:headlines.yahoo.co.jp

どちらの意見にも頷けます。

タトゥーOKの施設を検索できる『tattoo spot』

a

tattoo spot :http://tattoo-spot.jp/

タトゥーの入った日本人はもちろん、タトゥーの入った外国人観光客の方を案内する際にも注目されている『tattoo spot』というサイトがあります。

『tatoo spot』では、日本全国のタトゥーOKの温泉やプール、銭湯、海水浴場などをタトゥーを検索することができます。登録されているお店は全国のユーザーからタトゥーOKの施設の情報が寄せられています。

「いざ行ったらタトゥーが禁止だった…」ということがなくなるのでそれだけでも安心して足を運ぶことができますよね。

 

日本人からこれだけ否定的な意見があると、タトゥーが入った外国人観光客の温泉利用を完全に認めるというは難しいのではないかと思われます。

今回の観光庁の発表はこれを法的に強要しているわけではなくあくまでも対策のひとつとしています。

日本の温泉施設ではタトゥーが禁止されていること、施設によりルールに沿って利用可能なこと、『tatoo spoot』のようなサイトを知ってもらうこと…など、こういう部分を広く知らせていくことも併せてすすめていき、日本人、外国人、どちらも歩み寄ることのできる対応がなされていくことを祈るばかりです。

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.