台湾の検索エンジンシェアとSEO対策

台湾のインターネットユーザーの割合

  • 人口
  • ネット普及率
  • ネットユーザー
  • モバイル接続
  • 23.50(百万人)
  • 85%
  • 19.80(百万人)
  • 33.0

 

台湾での検索エンジンのシェア率

  • 順位
  • 検索エンジン
  • シェア率
  • 1位
  • Google
  • 75.2%
  • 2位
  • Yahoo! Taiwan
  • 24.5%
  • 3位
  • bing
  • 2.6%

台湾検索エンジンシェア

 

(参照元 : gs.statcounter.com)2013年2月~2015年2月までの台湾国内での検索エンジンシェアの推移グラフ。

元々Yahoo!の検索エンジンシェアが多く、世界的に見ても特異な国でしたが現在はGoogleが顕著にシェアを伸ばしており、SEO対策に関してはGoogleのアルゴリズムに対する施策を行い、上位表示されるようになればメディアサイトへの流入を見込むことができます。

しかし未だにYahoo! Taiwanを好んで利用している人も多くSEO対策をする価値は大いにあると言ってよいでしょう。

インターネット利用率

台湾では、84%(約1970万人)の人口がインターネットを利用しています。またSNSは77%の人口が使用していて、人口比で世界トップクラスです。2016年には、アメリカ発のwebサービスが多くの人に利用されています。チャットアプリでは、Lineが高い人気になっていて、高いシェアを誇っています。

Yahoo! TaiwanのSEO対策

Yahoo! Taiwanの検索アルゴリズムにはYahoo! JAPANとは異なり(日本のヤフーはGoogleの検索アルゴリズムを導入しています)

Microsoft社が運営している検索エンジンBingのアルゴリズムが導入されているので、Bingに対する対策ということになります。とは言うものの、Googleの検索アルゴリズムとあまり異なる部分はないのでBing特有の部分をご紹介していきます。

サイトマップの登録

Bingの検索エンジンではページがインデックスされにくいという特徴があるので、ホームページを作成した際はサイトマップを用意してBingに登録するようにしてインデックスを促しましょう。

リンク対策

ペイドリンクでのSEO対策がまだまだ浸透しきっていない台湾では、ディレクトリ登録などの公式で良いとされている被リンク対策が効果を発揮するので導入してみましょう。

サジェスト表示対策

図1

香港のSEO対策ページ

でも説明していますが、Yahoo!の検索機能の一つにサジェスト機能というものがあります。これは何か1単語を検索窓に入力すると、その次に来るであろう単語を予測して表示させるというもの(上記の図を参照)。

この予測される単語の中に自社のブランドの名前が入るようにする対策が、サジェスト表示対策で、最短1週間で表示されるようになる比較的効果を実感しやすい対策といえるでしょう。

実際にサジェストに表示されてクリックされなくても、表示されるだけで認知度が上がり、ブランディング施策にも大いに役立ちます。

海外世界各国のSEO対策(検索エンジン対策)

  • 香港のSEO対策(検索エンジン対策)
  • シンガポールのSEO対策(検索エンジン対策)
  • 中国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 台湾のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 韓国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • アメリカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マカオのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ロシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スペインのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スリランカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マレーシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドネシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドのSEO対策(検索エンジン対策)
  • タイのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ブラジルのSEO対策(検索エンジン対策)