台湾のウェブ広告集客マーケティング市場

台湾概要

  • 人口
  • ネット人口
  • ネット普及率
  • GDP(国内総生産)
  • 公用語
  • 2400万円
  • 1776万人
  • 74%
  • 489.09(10億USドル)
  • 中国語(繁体字)

台湾、正式名称中華民国(スポーツ大会や国際機関はチャイニーズタイペイと呼称することが多い)は西海岸に主要都市が集中しており島の中心から東にかけては緑豊かな山々が連なっています。中華人民共和国から独立した国家として主張しており、議会制民主主義に則り国家運営を行っています。首都は中央政府のある台北市であり、地上101階建ての超高層ビル台北101や多く歴史的建造物が密集していて、アジアの中でも有数の観光名所として知られています。

台湾のインターネット事情

スマートフォンの急速な普及

2人に1人がスマートフォンを持つように

つい4年ほど前、台湾でのスマートフォンの普及率は10%強程度のものでしたが今年に入るまでには2人に1人が持つまでに成長しました。その背景には4G回線(LTE)が整備されて通信速度が格段に早くなったことが要因なのではないかと言われています。

スマートフォンの主な使用用途

20代~40台の年齢層が主な利用層となっており、ネットサーフィン、E-mail、fabookやLINEなどのSNSを利用するために利用されていることがほとんどなようです。

伸び続けるオンライン広告市場

リスティング広告(検索連動型広告)を代表とするオンライン広告市場が年々成長しているという背景が更にウェブサービスの充実化を後押ししている形になっているようで、この傾向はこれからも続く見込みです。

その他【台湾】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略