タイ人に好まれるホームページ制作とは

海外のホームページ制作において、その国のホームページの特徴をある程度認識する必要があります。なぜなら国ごとにセンスが違うため日本と同じ感覚で作成すると失敗する恐れがあるからです。

ここでタイで人気のホームページをいくつか紹介し、その特徴をピックアップしたいと思います。

タイで人気のホームページ紹介

ポータブルサイト

タイではポータブルサイトの人気が高いです。テキストも最小限に抑えており、アイキャッチ画像が豊富でコンテンツが充実している印象があります。日本人から見るとちょっと節操がなくごちゃごちゃしている気がしますが、それもまた文化の違い。

また日本のマンガ・アニメのコンテンツを入れているサイトが多く、人気の高さが伺えます。

『Dek-D』

出展:https://www.dek-d.com/

主に若者・学生向けのポータブルサイトです。学生向けのコンテンツが充実しており、web小説が読めたり、恋愛系やファッション系、学業に関するものまで多彩です。もともと中学生がチームとなって作ったサイトであることにも頷けます。

『sanook』

出展:http://www.sanook.com/

タイのインターネット企業であるSanook Online Co., Ltd.が運営する、月間約6億PVのタイ最大のポータルサイト。サヌックとはタイ語で楽しいという意味。その名に恥じないメディアとなっており、幅広いジャンルのコンテンツが入っています。音楽、映画といったエンターテイメントコンテンツは勿論、男性・女性向けのライフスタイルやビジネスマン向けのオンライン学習サービスなど様々です。

Mthai

出展:https://www.mthai.com/

月間PV2億の人気ポータブルサイト。こちらも他のポータブルサイト同様にニュースやエンタメ情報、観光情報やスポーツなど多岐に渡るジャンルのコンテンツを配信しています。

掲示板サイト

『pantip』

出展:https://pantip.com/

pantipはタイで有名な掲示板サイトです。一日1000万PV。日本の掲示板サイトである2チャンネルともよく比べられてもいます。テレビや映画、グルメや旅行や日本のアニメなど36の豊富なカテゴリーがあり、日々スレッドが立てられ盛り上がりを見せています。紫を基調としており、サイトの色彩感覚が日本と違いますよね。

企業サイト

タイの企業サイトは1カラムサイトも多く全体的にシンプルなものが多いです。

『AIS(Advanced Info Service Public Company Limited)』

出展:http://www.ais.co.th/

タイの大手通信会社。早くから携帯事業に参入しており、携帯キャリアのシェア率約50%を誇っています。余白も多く、また使っている色は白や緑や黒と最小限。

『Coca Restaurant』

出展:http://www.coca.com/cocarestaurant/home.html

タイの有名レストラン。タイ国内だけでなく日本やインドネシア、台湾、シンガポールとアジア一帯に店舗を構えており進出先は10カ国にも及びます。1カラムのシンプルなサイトとなっていますが、大きな鍋の写真が目を引きますね。またタイのサイトにしては珍しくテキストが多く使われており、鍋の写真の下にコカレストランの説明とこれまでの歩みが書かれています。

まとめ

タイのホームページの特徴をまとめると

・人気のポータブルサイトはとにかくコンテンツが多く、一ページの情報量が多い。

・企業サイトは大手でも割とシンプル。使っている色も少ない。

・英語も使われており、フォントはゴシック体が主流。

またfacebookの利用率が高い国であることもあり、どのサイトもfacebookのシェアボタン、フォローボタンがありました。是非これらの特徴を踏まえてタイのホームページ制作をしてもらえればと思います。

 

その他【アメリカ】についての関連ページ

海外世界各国のホームページ制作(作成)

  • 制作実績
  • 香港のホームページ制作
  • シンガポールのホームページ制作
  • 中国のホームページ制作
  • 台湾のホームページ制作
  • 韓国のホームページ制作
  • アメリカのホームページ制作
  • マカオのホームページ制作
  • ロシアのホームページ制作
  • スペインのホームページ制作
  • スリランカのホームページ制作
  • マレーシアのホームページ制作
  • タイのホームページ制作
  • インドのホームページ制作
  • インドネシアのホームページ制作
  • ブラジルのホームページ制作