SNS利用率が高いタイのウェブマーケティング市場

タイ概要

  • 人口
  • ネット人口
  • ネット普及率
  • GDP(国内総生産)
  • 公用語
  • 6805万人
  • 3800万人
  • 56%
  • 395.28(10億USドル)
  • タイ語

(参照:we are social

タイ王国、略してタイは東南アジアに位置する国です。東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟国でもあります。首都はバンコクで公用語はタイ語となっています。国土はミャンマー、ラオス、カンボジア、マレーシアと国境を接する。気候は熱帯性気候の特徴があり年間の平均気温は28度近くある。2014年に国軍が軍事クーデターを起こし、今現在軍事独裁政治が続いている状態となっています。

タイのインターネット事情

イギリスロンドンにあるソーシャルメディアのコンサルティング会社『we are social』が2015年の世界のインターネット事情に関するデータを発表しています。

出典:we are social

脅威のSNS利用率

これによるとネット利用人口3800万人に大してSNS利用者が3800万人とSNS利用率100%になっています。携帯の契約数も人口を超えた8278万人となっており、これは1人一台以上持っている計算となります。日本がネット利用人口1億1500万人に対してSNS利用者が5300万人と半分以下の利用数であることを考えるとタイのSNS利用率は驚異的とも言えます。ちなみに携帯の一日平均利用時間3時間53分。

SNSを通じての通販利用率が世界1位

英会計事務所大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC) の調べによるとタイはSNSを通して商品を買う割合が世界で一番高いということがわかりました。調査は世界25の国・地域を対象としています。タイではfacebookのメッセンジャーを利用した個人間での商品売買が盛ん。個人で露店を出すのが容易であることが背景としてあるようです。(実際露店を出すのは区役所で許可が必要なのだが、大多数の人が無許可で出店)

facebook利用率が高い

出典:we are social

上の表はタイでのソーシャルメディア利用率を表したものです。facebookが32%と高い数値を出しています。単純に登録ユーザだけをみても3800万人おり、これはタイ人口の半分以上である56%となています。モバイルソーシャルユーザーは前年の2015年と比べて21%増加。こういったデータから見てもタイ=SNS大国といっても過言ではありません。

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略