重要度が増してきたシンガポールでのSEO対策と検索エンジン市場

インターネットユーザーの割合

  • 人口
  • ネット普及率
  • ネットユーザー
  • モバイル接続
    • 5.70(百万人)
    • 84%
    • 4.80(百万人)
    • 8.30

 

シンガポールの検索エンジンシェア率

  • 順位
  • 検索エンジン
  • シェア率
  • 1位
  • Google
  • 90.3%
  • 2位
  • Yahoo!
  • 6.1%
  • 3位
  • bing
  • 2.4%

ビジネスの盛んなシンガポールでは、ワールドスタンダードの検索エンジンとして定着しているGoogleのシェア率が圧倒的なのが上記のグラフから見て取ることができます。アジア圏内ではある程度のシェアを獲得しているYahoo!も全くシェアを伸ばせていない状況で、Googleに対する対策をすれば自然検索からの流入はほど確保できると考えて問題はありません。

シンガポール SEO
(参照元 : gs.statcounter.com)

シンガポール国内のSEO対策

シンガポールならでは特徴

多種多様な民族から構成されているシンガポールでは、様々な言語で検索されます。そのため、Google singaporeでは4ヵ国語からのどの言語からでも検索することができ、それぞれの言語で検索されたキーワードに対して最適な結果を出すような仕組みになっています。

 

 

海外世界各国のSEO対策(検索エンジン対策)

  • 香港のSEO対策(検索エンジン対策)
  • シンガポールのSEO対策(検索エンジン対策)
  • 中国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 台湾のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 韓国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • アメリカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マカオのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ロシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スペインのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スリランカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マレーシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドネシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドのSEO対策(検索エンジン対策)
  • タイのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ブラジルのSEO対策(検索エンジン対策)