ビジネス先進国シンガポールでのウェブ広告マーケティング集客方法

シンガポール概要

  • 人口
  • ネット人口
  • ネット普及率
  • GDP(国内総生産)
  • 公用語
  • 570万人
  • 480万人
  • 85%
  • 298(10億USドル)
  • 英語・中国語(簡体字)
    ・マレーシア語・タルミ語

正式名称、シンガポール共和国。昨今東南アジアのビジネス中心拠点として急速な成長を遂げており、国民1人あたりの所得が世界3位という高所得水準を維持しています。法人税が安いということもあり、世界中から会社を設立しに人が多く流れいる実情があり日本からも多くの人が法人開設している現状があります。ビジネスに限らず観光地としても世界的に有名で世界の富裕層が挙って観光で訪れることもあり年中賑わいをみせる国です。公用語が4つもあるのも特徴の一つで、様々な民族で国が構成されているので公用語がこれほど多くなっており、割合的には華人が75%と大半を占めており続いてマレー系、インド系、ユーラシア人で構成されています。このデータから推測するに、使われている言葉は中国語が最も多いのではないかと思われがちですが、シンガポールの教育機関でファーストランゲージとして指定されているのは英語ですので、最も普及している公用語は英語と捉えて問題ありません。

シンガポールインターネット事情

郊外でもwi-fiが利用できる環境

シンガポール政府がシンガポールの各地でwi-fiが利用できるような環境を整える動きを2000年頃から着手しており、徐々に形になってきています。
Wireless@SGを利用するためには空港での事前のアカウント登録が必要だったり面倒な手続きが必要です。

その他【シンガポール】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略