世界から注目されているマカオで利用される検索エンジンに対するSEO対策

マカオのインターネットユーザーの割合

  • 人口
  • ネット普及率
  • ネットユーザー
  • モバイル接続
  • 601.8(千人)
  • 78%
  • 467.0(千人)
  • 1,781(千)

 

マカオでの検索エンジンのシェア率

  • 順位
  • 検索エンジン
  • シェア率
  • 1位
  • Google
  • 90.28%
  • 2位
  • Yahoo!
  • 5.48%
  • 3位
  • Baidu
  • 2.67%

Googleが圧倒的なシェアを獲得しているが、特筆すべきは中国の主要検索エンジン“Baidu”が少ないながらも第3位のシェアを獲得しているという点ではないでしょうか。

マカオの公用語に中国語が含まれていることからも分かるように中国人の方が生活しているので需要があるようですが、”Baidu”に掲載されているホームページは基本的にデータ検閲のフィルターを通ったものしかないので、検索できるワードが限定されてしまいます。


(出典: gs.statcounter.com)2016年9月~2017年9月までのマカオ国内での検索エンジンシェアの推移グラフ。

マカオのSEO対策

コンテンツSEOを重視

多くのシェアを占めるGoogleに対するSEO対策なので、ホームページ内のコンテンツ内容を充実させ、訪問者に対して有益な情報を提供し人為的なリンク対策ではなく自然にリンクを獲得する方法を取ると良いでしょう。

競合サイトの多い分野

マカオの主要産業であるギャンブルを含む観光業の分野では、競合サイトが犇めいている状況ですのでSEO対策の難易度も上がります。

その他【マカオ】についての関連ページ

海外世界各国のSEO対策(検索エンジン対策)

  • 香港のSEO対策(検索エンジン対策)
  • シンガポールのSEO対策(検索エンジン対策)
  • 中国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 台湾のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 韓国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • アメリカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マカオのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ロシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スペインのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スリランカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マレーシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドネシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドのSEO対策(検索エンジン対策)
  • タイのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ブラジルのSEO対策(検索エンジン対策)