観光大国マカオで行ウェブ広告集客マーケティングとは

マカオ概要

  • 人口
  • ネット人口
  • ネット普及率
  • GDP(国内総生産)
  • 公用語
  • 57万人
  • 40万人
  • 70.8%
  • 5.17(10億USドル)
  • 中国語(簡体字)・ポルトガル語

香港と同じく中華人民共和国の特別行政区の一つでマカオタワーやマカオ歴史地区(聖ポール天主堂跡・セナド広場などを総称した名前)などの世界的に有名な観光地も多くあり、世界に向けてPRを行っている国です。
世界的にもカジノが有名で東洋のラスベガスと呼ばれています。

マカオの大きな特徴の一つとして、ポルトガルの植民地であった時代があるという背景から中国語と同時にポルトガル語も公用語として使用されており、道路の標識や看板などの公的表示には中国語とポルトガルの両方を表記することが義務付けられています。

マカオのインターネット事情

スマートフォンの普及率

他聞に漏れることなくスマートフォンの普及が増加傾向にあるマカオでは公共の場でWi-Fiが使えるように設備が整いつつあります。

世界各国から訪れる観光客向けに無料で解放されているWi-Fiも多数公開されており、これから更にスマートフォンの普及・インターネットの普及が加速していくものと予測されています。

普及しているSNS

中国で行われているデータ検閲は特別自治区であるマカオでは行われないため、世界的に普及しているFacebookが自由に利用でき、普及率は90%を超えるほど多くの人が利用しています。企業側のマーケティング手法の一つとして、ソーシャルメディアを活用する場合があります。

その他【マカオ】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略