韓国語ウェブ集客

韓国語の特徴

“韓国語”というと大韓民国内でのみ使われている言語のように感じますが、その解釈は間違いで韓国語と朝鮮語はイコールであり、朝鮮半島に位置している大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国を中心として利用されている言語となっています。話者はのべ7500万人で、表記体系はハングル文字です。

朝鮮半島以外にも、中華人民共和国の一部の地域とロシア・サハリン・ウズベキスタン・カザフスタンに住む朝鮮民族の人達も使用していますが、朝鮮語とは異なり高麗語(コリョマル)として別言語とされる場合もあります。

日本語と韓国語

一般的に日本語と韓国語は類似していると言われていますが、それはどのような事から言われているのかを解説していきたいと思います。

世界中に多くの言語が存在する中で、互いに関係が深いとされる言語のグループがいくつかあります。その中にアルタイ諸語という言語グループがあり、その中に韓国語と日本語が含まれています。具体的に、一つの文章を構成する時に原則としてSOV(主語ー目的語ー述語)の語順で構成され、これは日本語と韓国語で共通しています。

このことから何が言えるのかというと、日本語で書く文章感と韓国語で書く文章感が似ているため、“文章を書く”ことが重要になるウェブ集客という観点から見れば、韓国語でのウェブ集客は比較的やり易いのではないかという結論に至ります。

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略