IT先進国韓国でのウェブ広告マーケティング集客事情

韓国概要

  • 人口
  • ネット人口
  • ネット普及率
  • GDP(国内総生産)
  • 公用語
  • 5044万円
  • 4270万人
  • 84.7%
  • 1,304(10億USドル)
  • 韓国語

アジアの中でも日本に続いてインターネットが普及している国として有名な韓国では、インターネット利用者のほぼ100%がブロードバンド(高速回線)を導入しており、大容量の通信でも難なくこなせるのでネットゲームや動画コンテンツの視聴などが多く行われています。

韓国インターネット事情

携帯電話普及率が90%超え

世界のスマートフォン市場で大きなシェアを持つサムスン発祥の地ということもありスマートフォンの普及が高く、それ無しでは生活できない程に生活に密着した存在となっています。それに伴ってLTEの普及率も年々増加の傾向になります。スマートフォンの普及によって生活はより便利になる一方で急速に普及した負の側面も浮き彫りになっているのが現状です。

ネットの急速な普及による負の側面

インターネットが急速に発展したことによって、オンラインゲームに熱中するあまりゲーム中、又はゲーム直後に死亡するという事件や、電子掲示板上で行われる誹謗中傷などのネット犯罪が横行する問題なども発生しています。法規制やルールの厳重化によって徐々に改善の方向へ向かってはいるものの、更なるインターネットの技術革新に伴って新たな問題が発生するリスクもあり、法整備とインターネットリテラシーの向上を目指していくようです。

LINEよりもカカオトーク

日本では若年層を中心としてメッセージのやり取りはほとんどLINEで行われていますが、韓国ではKakao Talkがメッセンジャーアプリの主流となっています。韓国のソウル市に本社を構えるカカオ社がリリースしているアプリケーションで、元ハンゲームの創始者でLINEを世に送り出したNHNの元CEOであるキム・ボムス氏によって立ち上げられた企業で、90%を超えるシェア率を誇ります。

その他【韓国】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略