インドネシアのリスティング広告

リスティング広告

広告の見出し言語

世界各国でそれぞれの言語がありますが、同じ意味でも文字量が違ったり発音も違いリスティングをする上では気を付け無ければいけません。日本では文字が少なくてもインドネシアでは文字が多かったりと国によって変わってきて、見出しや文を書く際には注意しましょう。

検索連動型広告

インドネシアはGoogleがトップシェアを誇っていてGoogle Adwordsが主流になっています。またキーワードによってはGoogleよりyahooの方が検索数が多い場合もあるのです。Google Adwordsではインドネシア語でも出稿することができますが違う言語のWebサイトでは見ている人が混乱する場合があるので避けましょう。またインドネシアの人々は広告を嫌う人が多く、ブロックブラウザを使っている人が増加傾向になっているためインドネシア自体のウェブサイトには広告を出す人は少ないのが現状です。