インドのホームページ制作

海外のホームページ制作は日本と異なったところがいくつかあり集客方法も異なっています。国によって色合いや言語を使い分けたり内部カテゴリーの量などそれぞれ違います。

今回はインドの人気サイトをいくつか紹介したいと思います。

インドで人気のホームページ紹介

Flipkart

出典:https://www.flipkart.com/
Flipkartはインドの最大手ECサイトで世界中で有名なECサイトAmazonと並ぶほどの成長を遂げています。商品の種類も豊富でMicrosoftやebayも出資しているほど魅力的なサイトになっています。

今後のインドはインターネットやモバイル接続が普及してくるので市場規模はさらに拡大していくと予想されます。

ちなみにインドの人々はECサイトで商品を購入した場合クレジットカードよりも現金払いが多く男性の利用者が半数以上です。ECサイトを作成する際はそのことも念頭に置きましょう。

snapdeal

 

出典:https://www.snapdeal.com/

インドの e コマースマーケットプレイス。インド国内のEC市場ではFlipkart、amazon.inに続き3位である。2017年7月には、業績不振からFlipkartから買収提案をされたがこれを拒否しています。

Amazonの参入でインドのEC業界は大激震

インドのEC業界は長い間、FlipkartとSnadealが市場を独占していました。しかしそんなインドEC市場にAmazonが進出したことで業界の地図は塗り変えられたと言っていいでしょう。Snapdealは3位にランクダウンしてしまいました。

そしてAmazonは食品配達サービスを開始。Flipkartを追い抜くのも時間の問題ではないでしょうか?

2020年にはアメリカのEC市場を追い抜かすとも言われているインドのEC市場。Flipkart、Snapdeal、AmazonでEC市場シェア75%を占めており、ここに参入するのは難易度は高めと考えて良いでしょう。

indiatimes

 

出典:http://www.indiatimes.com/

中国のポータルサイト。トップを見てみると、サムネイル画像が大きくてテキストも最小限に抑えてあります。ワンカラムでシンプルなデザインとなっています。

hotstar

出典:http://www.hotstar.com/

インドの動画配信サイトです。アプリの配信もしており、全世界で一億件ダウンロードされています。映画、スポーツ、エンタメ、ニュースとあらゆるジャンルを網羅。

インドのスマホ市場が急成長

インドでのスマートフォン販売台数が2015年に1億7400万台に達したことが話題となりました。これによりアメリカをこして世界2位です。もしインドをターゲットにしたwebサービスを考えるなら、レスポンシブ対応であることは必須となります。

海外世界各国のホームページ制作(作成)

  • 制作実績
  • 香港のホームページ制作
  • シンガポールのホームページ制作
  • 中国のホームページ制作
  • 台湾のホームページ制作
  • 韓国のホームページ制作
  • アメリカのホームページ制作
  • マカオのホームページ制作
  • ロシアのホームページ制作
  • スペインのホームページ制作
  • スリランカのホームページ制作
  • マレーシアのホームページ制作
  • タイのホームページ制作
  • インドのホームページ制作
  • インドネシアのホームページ制作
  • ブラジルのホームページ制作