インドのウェブ広告集客マーケティング

インド概要

  • 人口
  • ネット人口
  • ネット普及率
  • GDP(国内総生産)
  • 公用語
  • 13億2000万人
  • 3億8000万人
  • 30%
  • 225(10億USドル)
  • ヒンディー語

インドは共和制国家で公用語はヒンディー語と英語の二つとなっています。インドには地方や集団によって異なる方言がありますがビジネスなどで使われているのはヒンディー語や英語です。人口に対してのネット普及率は少ないですがモバイル接続は過半数を超えていて主にフェイスブックの利用者が多く、世界最大級となっています。インドのインターネット市場はGDPを約10%上げているためインド経済を支える1つとなっているのです。

インドのインターネット事情

インターネット急成長

出典:we are social

インドの現在の人口は約13億人と世界第2位となっていてインターネットが急成長しています。上記のグラフはインターネットの成長率を国ごとに表していてインドは世界で4位で23%となっています。まだ街中でのネット環境は他国に比べて整っていなく自宅では無くて、インターネットカフェなどを利用してネットへの接続をする人が多いです。しかし政府はインターネットカフェの利用を制限して自宅にもパソコンを購入させてインターネットの活用を促す政策を取りました。

 

メッセンジャー・SNS

出典:we are social

表を見ると世界で約10億人が使っている2位のwhatsAppのような、やり取りや通話ができるメッセンジャーアプリの利用率が高い傾向が出ました。他の国同様facebookの利用率は高めですが、世界的に人気の高いツイッターはインドでは低いようです。

その他【インド】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略