Googleでのリスティング広告

adwordsロゴ
Googleでリスティング広告を行う場合は、アドワーズから出稿することになります。
このページではアドワーズの特徴について解説していきたいと思います。

そもそもアドワーズって?

そもそもアドワーズって何よ?という方に簡単に説明。英語で書くとAdwords、『Ad』広告・『Words』文字。つまりに検索された言葉に対して表示される広告という意味になります。

検索される言葉にはその人の解決したい悩みや知りたい事柄が含有されている場合が多く、その解決策を広告で訴求することができるので顧客のニーズと企業のシーズ(企業が消費者に提供する技術やサービスのこと)がマッチしやすいため費用対効果の高い広告出稿が可能です。

アドワーズの種類

検索連動型広告

Googleを使って検索したことがある人なら、1度は見たことがあるであろう広告。検索された言葉に関連性の高い広告をGoogleの独自アルゴリズムによって選択して表示する形式です。広告主側は ターゲットとしているユーザーが調べそうなキーワードを予想して入札し、テキスト形式で広告タイトル文や広告文を入力します。

Googleは世界中に展開していることによって収集している膨大なデータを参考にして、キーワードと広告とのマッチングを最適化しています。

ディスプレイ広告

Googleが独自に囲っているウェブサイト群のページの一部に埋め込まれて表示される広告で、バナー広告形式が一般的(テキスト形式の広告もありますが、フラッシュ形式のものやストリーミング形式のものもあります)。

1つ1つのウェブサイトはカテゴライズされており、アルゴリズムによって広告主が入札したキーワードと関連性の高いウェブサイトに広告が表示されます。

広告運用を効率的に行うツール

アドワーズエディタ

リスティング広告は日々の運用がより高い費用対効果を生み出すとされていますが、日々の運用で障壁になるのでその手間の多さ。その運用の手間を少しでも軽減するべく、Googleからは運用を効率化するツールがリリースされている訳ですが、その代表格がアドワーズエディタです。
Googleリスティング広告出稿手数料キーワードの出稿から入札する広告単価までを一括で変更することが可能で、アドワーズの管理画面からの運用よりも大幅に運用時間を短縮することが可能。

初期設定費用 0円 ※1※2
100,000〜1,000,000円 手数料20%
1,100,000〜1,500,000円 手数料18%
1,600,000〜2,000,000円 手数料15%
2,100,000〜3,000,000円 手数料12%
3,100,000円〜 手数料10%

※1 「拝啓世界様」は、英語・中国語(繁体字・簡体字)での翻訳に関する費用は頂きません。
※2 契約期間6ヶ月以下の場合、別途初期設定費用にて50,000円(税別)頂きます。

その他【Google】についての関連ページ