Googleのウェブ広告マーケティング集客

 

google-logo

世界で最も利用されている検索エンジンといえば、Googleであることは自明の理ですが、どんな企業なのか少し詳しく解説していきます。

Googleの会社情報

創設者

Googleの創設者は、ラリー・ペイジセルゲイ・ブリンという二人の男の手によって立ち上げられました。
立ち上げ当時、二人は起業家を多く輩出することで有名なスタンフォード大学の博士課程に所属する大学生でした。
彼ら二人が研究していた検索エンジン“BackRub”(バックラブ)が将来、人々の役に立つことが彼ら二人には明確に見えたのでしょう、彼らは起業することとなります。

企業理念

「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」
という大きなミッションを掲げて邁進するGoogle。
インターネットの普及によって過剰な供給過多に陥っている情報を、検索したユーザーのニーズを汲み取り、表示するという画期的なシステムから更に便利になるものを世に送り出してくれることでしょう。

事業内容

ユーザーに提供しているサービスとしては、検索エンジンを中心にクラウドコンピューティング、ソフトウェア、オンライン広告といったサービスを提供しています。
収益の大部分はリスティング広告Adwordsに頼っており、利益率の高いビジネスモデルとして確立されています。
リアルな製品も世に出しており、メガネのようなグーグルグラスや自動運転システムなどインターネットだけの商業圏ではなく、リアルな世界を更に便利にするべく開発を続けています。

現代のウェブマーケティングには不可欠

インターネット(ウェブ)上でのマーケティングを考える上で、中国・ロシア・韓国を初めとしたその国特有の検索エンジンの利用が多い国を除いて、Googleは切っても切れない関係にあります。これは検索エンジンからの自ホームページの流入が大半を占めることがほとんどで、更には動画コンテンツを用いたマーケティング施策に欠かすことのできない”YOU TUBE”をGoogleが買収したり、Googole+などのSNS領域にも積極的に参入している動きからみても、ウェブマーケティング領域でいかにGoogleが重要かが分かると思います。

世界中で利用されているGoogleのURL

アイスランド http://www.google.is アフガニスタン http://www.google.com.af
アルゼンチン http://www.google.com.ar イギリス http://www.google.co.uk
イタリア http://www.google.it インド http://www.google.co.in
エジプト http://www.google.com.eg オーストラリア http://www.google.com.au
オランダ http://www.google.nl カナダ http://www.google.ca
シンガポール http://www.google.com.sg ブラジル https://www.google.com.br/
オランダ http://www.google.nl インドネシア http://www.google.co.id/
大韓民国 http://www.google.co.kr 台湾 http://www.google.com.tw
日本 http://www.google.co.jp 香港 http://www.google.com.hk

その他【Google】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略