英語でのSEO対策

seo

日本語から英語に翻訳した場合

昨今のSEOで特に重要視されているコンテンツ内容。『コンテンツ ≒ 文章』と言われている理由としては、Googleがそのページに書かれている文字からしか、そのページにはどういう事が書かれているのかを読み取れないからです(写真や動画の内容を読み取ることはまだできないとされています。

ホームページに訪れた検索ユーザーが有益だと感じるコンテンツにする必要がありますが、その際に重要になるのが日本語から英語に変換する翻訳作業です。

文字数の変化

日本語を英語に翻訳した場合、どれくらいの文字量になるのかは翻訳の仕事をしている人などではないと感覚的に分からないものだと思いますが結論から言ってしまうと、英語1語あたり約2.3文字の日本語で表現することができます。※英語1単語とは“book”“the”などを1単語と計算しています。

あくまで平均値ですが500文字の日本語の文章を英訳すると、約217語くらいになるということです。この認識を持って、ページ全体のレイアウトが綺麗に見えるように整える作業が必要になります。

文章の順序を論理的に

日本語と英語の文法的相違点で必ず挙げられるのが、文章の論理構造だと言われています。

基本的に英語を母国語として扱っている国民は論理的だと言われているように、まずは初めに結論を持ってきてからその理由を記述していくという展開にすると、英語話者にとって納得感のあるコンテンツになり、検索ユーザーの満足度を高めることを可能にします。
このようなユーザーの満足度を重ねていくことによって、ホームページ全体の価値が高まり検索順位で上位表示されてきます

海外世界各国のSEO対策(検索エンジン対策)

  • 香港のSEO対策(検索エンジン対策)
  • シンガポールのSEO対策(検索エンジン対策)
  • 中国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 台湾のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 韓国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • アメリカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マカオのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ロシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スペインのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スリランカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マレーシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドネシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドのSEO対策(検索エンジン対策)
  • タイのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ブラジルのSEO対策(検索エンジン対策)