世界共通語の英語でのウェブ集客に関する広告マーケティング

img6259184

英語の『英』はイギリスを表し、約80の国と地域で使用されている世界の共通言語です。そんな英語という言語にフォーカスしつつウェブ集客という観点からも解説していきます。

世界で利用されている言語TOP3

1位 中国語 13億7000万人
2位 英語 5億3000万人
3位 ヒンドゥ語 4億9000万人

中国語を使用している人数が多いのは、言わずもがな中国国内の人口が多大であること(13億5000万人)が要因でありますが、英語に関して言えば英語を使用する主要の国であるアメリカの総人口は3億人強。

とすれば、アメリカ以外の多くの国で利用されていることがこの数字からも読み取ることができると思います。これはウェブの世界でも同様のことが言え、世界中の国々で英語を言語としたマーケティングの需要があるということです。

英語の歴史

英語がなぜここまで世界中に広まったのか、その経緯を少し解説していきましょう。軽く前述しましたが、英語は元々イギリス国内の言語で、20世紀中盤までイギリスが世界中の国々を植民地支配していたという経緯が英語をこれだけ世界中に普及させた大きな要因となっています。

時代が進むにつれて、かつて程の影響力を失ったイギリスに代わってアメリカが大きな影響力を持つようになり、引き続き英語の普及は続きました。

英語と日本語の違い

語順の違い

日本語では個々の単語の意味合いを重要視するのに対して、英語では語順を重視するため、そもそも言語の論理構築が異なってきます。

そのため、日本語で文章を構成する言葉を入れ替えたとしても意味は通じますが、英語で同様のことをすると全く意味が異なって伝わることになってしまいます。

結論を先に

英語という言語の特徴で『結論を先に書く(言う)』というのが挙げられますが、日本語の場合は結論が後ろに来る場合が多い傾向にあります。(日本人の国民性で消極的という特徴があるからかもしれませんが)ウェブマーケティングにおいてもこの傾向は顕著に現れ、日本のウェブマーケティングの一つとして用いられるランディングページはアメリカでは有効なマーケティング手法とはされていません。

だらだらと結論に至るまで、前提やら解説を記述するのではなく結論を先に記述するという英語の特性が影響していることは明らかです。

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略