訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

海外コラム

インバウンド実務主任者認定試験を外国人スタッフが受けてきました!

最近中国に関する記事が増えた当サイトではありますが、勿論インバウンド系の記事もこれからは書いていきますのでご安心を。今回は当サイトの香港女性スタッフがインバウンド実務主任者認定試験を受けたので、その内容と結果を報告したいと思います! 実際に試験を受けたスタッフのコメントもあるので受験を……

中国ロボット産業が急成長!現状の問題点と未来の市場とは?

中国のロボット産業市場が急激に成長しています。まだまだ先進国に技術面は譲るものの、中国は世界一のロボット市場となりました。 そこには製造大国になることを目指す中国政府の狙いがあります。 2015年5月に中国政府が発表した中国製造2025。 中国製造2025とは中国が製造大国……

中国深センで生まれた成長企業が世界を牽引する!

かつて30万人足らずの漁村にすぎなかった深センが、たった30年あまりで、30万人から1400万人の大都市に成長。 『大衆創業、万衆創新(大衆の企業と万民のイノベーション)』をスローガンに掲げる政府の後押しもあり、世界的に注目を浴び、『中国のシリコンバレー』と呼ばれるほどのイノベーション……

世界最小のNB-IoTモジュール!ついに開発が始まった!

,

NB-IoTモジュールとは? NB-IoTとは、Narrow Band IoTの略で低速のデータ通信のLTEでIoT向けに作られた低電力のネットワークです。また現在中国のスマートシティ化に伴い、NB-IoTモジュールが多様化・開発されてきています。 そして中国で定着しつつあるバイクシェア事業……

現代のシルクロード!中国の一帯一路について詳しく解説します

最近の中国の勢いを語るうえで避けては通れないのが『一帯一路』です。現代のシルクロードである一帯一路が成功すれば、アメリカを中心としていた世界から『中国を中心とした世界』に変わることは間違いないでしょう。 これから中国進出を考える日本企業も無視できないこのトピック。ここでは簡単ではありま……

中国の消費者行動から学べ!実践すべきマーケティング戦略とは

中国人観光客による爆買現象を見れば、日本製品が中国人に人気があることは明らかです。 しかしそのまま日本の商品を中国に持っていけば売れるわけでは当然ありません。中国市場はそれほど甘くはないのです。 ではこれから中国市場に参入を考えてる日本企業は、どういった戦略をもって日本製品を売る……

IoTを活用した「モバイク(Mobike)」がついに日本に上陸!

,

sorce:https://mobike.com/jp/ 本社が中国の北京にあるシェアサイクルサービス大手のMobike(モバイク)は上海で急成長して民間人にも浸透しました。1日2500万回以上使用されていて、現在では中国国内の人はもちろん、観光客にも使われています。現在Mobike(……

世界中の人にもっと手軽に茶道を楽しんで頂きたい!『茶禅』竹田理絵氏が語る願いとは

  銀座に構えるお茶室『茶禅』。日本人のみならず訪日外国人にも日本の伝統文化『茶道』が気軽に体験できる場所を作りたい、そんな思いから2014年に竹田氏は茶禅を開きました。   東京での茶道体験以外にも、海外に出向き路上での茶道パフォーマンスを敢行したり、……

歌舞伎町の忍者屋敷「Ninja Trick House in Tokyo」代表湯本氏に聞くインバウンド向け戦略とは

新宿歌舞伎町に2016年7月にオープンした忍者屋敷『Ninja Trick House in Tokyo』。 中に入れば朱塗りの鳥居や本格的な忍者道場など目を惹くものばかり。男ならずともわくわくする「忍者の世界」がそこには拡がっています。 オープンしてから一年足ら……

中国進出の魅力と日本企業が覚悟すべきチャイナリスクとは

現在世界2位の経済大国へと成長した中国。海外進出先として中国を視野に入れる会社は少なくありません。経済的発展は勿論、中国のIT事業とりわけIoT産業の発展ぶりは目をみはるものがあります。もはや中国は『世界の工場』ではなく『世界の市場』なのです。 しかしながら当然中国に進出して、結果を出……

1 / 1312345...10...最後 »

最新記事一覧

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.