訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

海外コラム

中国当局による訪日団体ツアーの規制!日本の観光業界はどうなる? 

タグ:,

日本のインバウンド業界に少なからず影響を及ぼすであろうニュースが流れました。 なんと中国当局が一部の旅行会社に『日本への団体旅行を制限せよ』と通達したとのこと。 ご存知の通り訪日外国人数の国別で一番多い国は中国。韓国と僅差ではありますが、2017年現在でもそれは変わりません。 ……

外国人観光客を地方へ!地方創生を知る上で10の必須キーワード

タグ:,

訪日外国人が急増している日本。去年2016年は訪日外国人の数が2400万人を超えており、今年2017年に入っても、その勢いは変わりません。 しかし日本のインバウンド事情に問題点がないのかと言えばそんなことはなく、まだまだ課題は山積みです。 例えば、地方にいかにして外国人を呼ぶか。……

キャッシュレス化を阻む壁!日本で現金主義が根強く残る理由とは?

タグ:,

日本についにアリペイ(Alipay)が上陸します。 アリペイとは中国のネット通販最大手『アリババ』の決済サービス。中国国内では、生活に欠かせない存在となっています。 そのアリペイの決済サービスが2018年の春に日本に進出するということで、日本のキャッシュレス化が進むのではと期待さ……

急増するムスリム観光客におもてなし!日本の対応策と抱える問題点

タグ:,

2017年現在も訪日観光客は増えています。JINTO(日本政府観光局)の発表によると、7月の訪日外客数は268万1500人で、去年から伸び率が16.8%となりました。1月から7月までの累計をみても伸び率が17.3%と好調です。 しかし訪日外国人が増え続けることで、変わった生活様式の国の……

中国のITが進化し続けている理由とは?2020年には世界最大になる!

タグ:,

中国の大手IT企業 百度(Baidu)   百度(バイドゥ)は中国でインターネットの検索サイトの提供をしている会社でGoogleの次にシェア率を誇っています。本社は北京にあり中国でのシェア率は75%を誇っています。 世界では、あまり名前が知られていませんが、中国圏内では……

インバウンド実務主任者認定試験を外国人スタッフが受けてきました!

タグ:

最近中国に関する記事が増えた当サイトではありますが、勿論インバウンド系の記事もこれからは書いていきますのでご安心を。今回は当サイトの香港女性スタッフがインバウンド実務主任者認定試験を受けたので、その内容と結果を報告したいと思います! 実際に試験を受けたスタッフのコメントもあるので受験を……

中国ロボット産業が急成長!現状の問題点と未来の市場とは?

タグ:

中国のロボット産業市場が急激に成長しています。まだまだ先進国に技術面は譲るものの、中国は世界一のロボット市場となりました。 そこには製造大国になることを目指す中国政府の狙いがあります。 2015年5月に中国政府が発表した中国製造2025。 中国製造2025とは中国が製造大国……

中国深センで生まれた成長企業が世界を牽引する!

タグ:

かつて30万人足らずの漁村にすぎなかった深センが、たった30年あまりで、30万人から1400万人の大都市に成長。 『大衆創業、万衆創新(大衆の企業と万民のイノベーション)』をスローガンに掲げる政府の後押しもあり、世界的に注目を浴び、『中国のシリコンバレー』と呼ばれるほどのイノベーション……

世界最小のNB-IoTモジュール!ついに開発が始まった!

タグ:,

NB-IoTモジュールとは? NB-IoTとは、Narrow Band IoTの略で低速のデータ通信のLTEでIoT向けに作られた低電力のネットワークです。また現在中国のスマートシティ化に伴い、NB-IoTモジュールが多様化・開発されてきています。 そして中国で定着しつつあるバイクシェア事業……

現代のシルクロード!中国の一帯一路について詳しく解説します

タグ:

最近の中国の勢いを語るうえで避けては通れないのが『一帯一路』です。現代のシルクロードである一帯一路が成功すれば、アメリカを中心としていた世界から『中国を中心とした世界』に変わることは間違いないでしょう。 これから中国進出を考える日本企業も無視できないこのトピック。ここでは簡単ではありま……

1 / 1312345...10...最後 »

最新記事一覧

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.