中国語(繁体字・簡体字)でのSEO対策とは?

中国での内部対策

中国本土での主要検索エンジンBaidu(バイドゥ)は、Googleよりもクローラーの性能が低いと言われており、ホームページ全体の構造を分かりやすく作りサイトマップなどのを作成してBaiduの検索エンジンに読み込ませる手間があります。

上記の事を怠るとページがインデックスされないという事象が発生してしまい、そもそも検索結果にページが出てこなくなってしまうのでこの一手間をしっかり行いましょう。

ページのタイトルには狙うキーワードを含める

HTML内のタイトルタグには、上位表示を狙うキーワードを含めるようにしましょう。タイトルタグの中に狙っているキーワードを含有するのは、SEOの常套手段とされていますが、更に言うとなるべくタイトルの初めの方に含めるようにしましょう。

これは文章の最初の方に来る単語の方を重要視する傾向にあるからです。(あくまで統計を取った際の傾向です)

価値あるコンテンツをユーザーに提供する

上記のことを抑えるのはもちろんのこと、コンテンツ部分を作りこむがことがSEOを考える上で重要になります。

対検索エンジンではなく、対ユーザーに対する満足度を上げることが今のSEOトレンドとなっています(コンテンツSEOやコンテンツマーケティングという言葉が流行しています)

中国語での外部リンク対策

SEOを考える上でコンテンツを重要視する傾向が昨今見られますが、外部リンクの存在抜きに話を進めることはできません。その外部リンクについて、解説していきたいと思います。

表記文字を統一する

簡体字で書かれているホームページに対しては、当たり前ですが簡体字で書かれているホームページからリンクが付くはずです。

ということは原則、簡体字なら簡体字・繁体字ならば繁体字のホームページに対して発リンク被リンクされていなければ不自然ということになるので、被リンクサイトを作成する際は注意が必要です。

百度百科に登録する

Baidu(バイドゥ)内には“wikipedia”のような百科辞典があり、ウィキ同様にネット上でのパブリックライブラリーのような立ち位置であり、大いに活用されています。

この百度百科は一般の人が投稿することができるので、言葉の説明のページの中に参照ページとして自らが運営しているホームページのURLを掲載することができ、そこからリンクを故意的にもらうことが可能です。

海外世界各国のSEO対策(検索エンジン対策)

  • 香港のSEO対策(検索エンジン対策)
  • シンガポールのSEO対策(検索エンジン対策)
  • 中国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 台湾のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 韓国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • アメリカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マカオのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ロシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スペインのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スリランカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マレーシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドネシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドのSEO対策(検索エンジン対策)
  • タイのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ブラジルのSEO対策(検索エンジン対策)