中国語(繁体字・簡体字)での集客をウェブ広告マーケティングで

Chinese Language Courses Abroad

現存する世界最古の言語という別名を持つ中国語。中国・台湾・シンガポールをはじめとする国々で公用語として使用され、話者数は世界で13億人以上存在すると言われている世界最大の言語。

世界で利用されている言語TOP3

1位 中国語 13億7000万人
2位 英語 5億3000万人
3位 ヒンドゥ語 4億9000万人

上記の表を見ても世界で最も利用されている言語は中国語であり、2位の英語と2倍以上の差をつける圧倒的なものであることが分かります。

中国語の特徴

中国の方言

日本で、青森や岩手などの方言は外国語のように聞き取り辛いことは馴染みがあると思います。中国でも同様に中国語の中でも『北京語、広東語、上海語』のように方言が分かれており、普通話(中国国内の公用語)しか話せない人は全くといっていい程聞き取れません。

ところが書き言葉に関しては共通する部分が多くあり、文字に起こせば意味は通じます。基本的にウェブ上でのマーケティングは文字による対策がほとんどですので、普通話で表現すれば問題ないと言えるでしょう。

簡体字と繁体字

中国語を語る上で簡体字繁体字を無視することはできません。簡略的に説明すると、複雑な形をしていて習得までに時間がかかるため字の画数が少なく読みやすい文字に改良したのが簡体字で、それに対する繁体字は簡体字以前に使われていた字体を受け継いだ文字とされています。

使用されている地域を区別すると、簡体字は中国本土で繁体字は主に台湾・香港・マカオとなっています。

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略