世界で2番目のシェアを誇るBing(ビング)のウェブ広告マーケティングの集客

4682.Bing-logo-orange-RGB2

世界で利用されている検索エンジンの中で圧倒的な利用率を誇るのは、言わずもがなGoogleであるがその次にシェアを獲得しているのが今回ご紹介するBing

ビルゲイツ氏が設立したマイクロソフト社が手掛ける検索エンジンで、「意思決定エンジン」というコンセプトを掲げて日々アルゴリズムの品質向上に力を注いでいます。

Bing 会社情報

Bingが形になるまでの経緯

元々はMSNサーチという名前で誕生したBing。運営する会社もマイクロソフトではなく、Inktomiの検索エンジンとして立ち上げられました。様々なブランド名や内部のアルゴリズム変更を経て2009年に正式に新しい検索サービスのブランドとしてBingを発表し、現在に至ります。

ウィンドウズの爆発的普及で、一時期世界のパーソナルコンピュータ市場の約9割はウィンドウズを利用しているという所まで上り詰めたマイクロソフトがこれから、検索エンジン市場という戦いの場でどのような戦略でシェアを広げていくのか、その動向が楽しみです。

新しくなったブランドデザイン

2013年の9月にbingはブランドデザインを一新しましたが、そのコンセプトを紐解くとbingの目指す検索エンジンの形が分かります。

『Bingは、その開発当初から検索を通じてみなさんに目的を成し遂げる力を与えることをその使命と考え、進化を遂げてきています。』上記の文章はbingの公式ブログから引用した文節ですが、ここからただ単に検索したワードに対して答えを提供するだけではなく、その先にある行動に繋がるような情報を届けたいという検索エンジンとしての在り方を示唆しています。

日本国内でのシェア率

世界シェア2位にも関わらず、なぜ日本ではほとんど馴染みがないのかというと、まず1点目にGoogleとYahoo! Japanがほとんどのシェアを確保していることが大きな要因でしょう。

2点目は、アメリカを初めとして海外のYahoo!の検索エンジンのアルゴリズムはBingで使われているものが利用されていますが、Yahoo! JapanではGoogleのものが使われているからだと言われています。

その他【Bing】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略