百度・Baidu(バイドゥ)のSEO対策

バイドゥ

検索エンジンがあればSEO(サーチエンジン最適化)があるのはごく自然なことで、これは中国においても例外なく当てはまります。ところが世界各国で行われているSEOとは少し様相が異なりますが、どのような部分が異なるのでしょうか。

難しいとされる中国でのSEO対策の真実

でも少し触れていますが、もう少し深く探究してみましょう。

百度・Baidu(バイドゥ)で行うSEOとは

ICP番号の発行が必要

まず突然出てきたICP番号とは何かというところからお話ししたいと思います。ICP番号とはインターネット上でコンテンツを公開するのに必要なライセンス番号のことで、この番号をホームページに掲載することでBaidu上でのランキング決定要因で大きなアドバンテージを得ることができます。

逆に言ってしまうと、これがないとBaiduでランキングの上位にホームページが表示されることはほとんどないと言っても過言ではありません。この番号は中国国内のホームページを一括管理している中国工信部にサイトを診断をしてもらえるように申請を出し、ライセンス許可が下りると番号の発行という順序で進めることになります。

クローラーの質が低い

グーグルも昔はクローラーの質が低かったため、ホームページの階層をあまりにも深くしてしまうとクローラーがページにたどり着けないと言われていましたが、今ではクローラーの質が著しく向上したので問題なくなったと言われています。

一方でBaiduのクローラーは未だに性能があまり良くないと言われているので、クローラーがサイトの中を回りやすいような構造やHTMLの書き方をすることが重要で、サイトマップをrobots.txtの中にて指定することも忘れないようにしましょう。

ソーシャルメディアでの拡散も有効な手段

中国ではFacebookやTwitterを初めとしたソーシャルメディアを使用することはできないので、中国国内で良く利用されている人人(renren)や新浪微博(weibo)といったソーシャルメディア上で拡散されるようなコンテンツを配信することも検索エンジンで上位に表示される1つの要因とされていますので、意識して取り組むようにしましょう。

その他【Baidu(バイドゥ)】についての関連ページ

海外世界各国のSEO対策(検索エンジン対策)

  • 香港のSEO対策(検索エンジン対策)
  • シンガポールのSEO対策(検索エンジン対策)
  • 中国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 台湾のSEO対策(検索エンジン対策)
  • 韓国のSEO対策(検索エンジン対策)
  • アメリカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マカオのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ロシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スペインのSEO対策(検索エンジン対策)
  • スリランカのSEO対策(検索エンジン対策)
  • マレーシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドネシアのSEO対策(検索エンジン対策)
  • インドのSEO対策(検索エンジン対策)
  • タイのSEO対策(検索エンジン対策)
  • ブラジルのSEO対策(検索エンジン対策)