百度・Baidu(バイドゥ)のウェブ広告集客マーケティング事情

バイドゥ

中国国内でGoogleでもなくYahooでもなく、検索エンジン市場を制しているのは紛れもなく百度・Baidu。特殊な国家運営をしていることで知られる中国ならではの勢力図ではあるが、トップまで上り詰めた要因がどこかにあるはずということで、百度という会社を少し深掘りしていきましょう。

百度(バイドゥ)の会社情報

創設者

百度(バイドゥ)の創設者は北京大学を卒業後、ニューヨーク州立大学に留学し、Infoseekなどの一般企業にも勤めた経歴を持つ李彦宏(ロビン・リー)が設立した企業です。

2000年1月に設立されてから様々なサービスをリリースしながら拡大の一途をひた走った百度(バイドゥ)は今となっては中国最大の検索エンジンへと成長を遂げ、その手綱を握っていた李彦宏氏の手腕は計り知れないでしょう。

リリースするコンテンツが人気を博す

ウィキペディアによく似ている百度百科などの知識系コンテンツや、百度掲示板などのコミュニティコンテンツが中国国内の若者に広く受け入れられ、規模を拡大していった背景があります。

日本から検索サービスは撤退

2007年から日本進出を本格化させた“Baidu.jp”だったが、2015年3月16日をもって検索サービスの停止を発表しました。

既に日本でシェアを獲得しているGoogleYahoo! Japanを勝ることができずに撤退という形になってしまいましたが、Simejiを筆頭に検索サービス以外の事業は継続してサービス提供していく旨を公式に発表しています。

バイドゥjapanのお知らせ

拝啓世界様は百度・baidu(バイドゥ)の検索サジェストサービスを行っている会社と提携しています。

検索サジェストサービスとは

サジェストキーワードと呼ばれる検索エンジンでキーワードを入力した際に候補としてでてくるワード。その検索ワード候補の中で指定のキーワードを上位表示させるサービスとなります。

百度サジェストサービスで得られるメリット

1.コンバージョン率が上がる

顕在ユーザーを自身のサイトに誘導させる事が期待できます。

2.低コストで効果が見込める

百度リスティング広告とくらべてクリック単価が安い傾向があるため費用対効果も抜群です!

3.ブランディング効果

キーワードの後に御社の名前や運営サイトの名前が続けばユーザーにアピールが可能です。

百度サジェストサービスをご希望の方は下のお問い合わせから

※Baiduにサイトがインデックスされている事が最低条件です。

その他【百度・Baidu(バイドゥ)】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略