アメリカの方に好まれるホームページ制作とは

アメリカ国民が好む色ランキング

1位 青色
2位 赤色
3位 緑色

アメリカで人気のあるニュースサイトやECサイトの紹介

Amazon(アマゾン)

アマゾンの画像amazon.com

CNN(シーエヌエヌ)

CNNedition.cnn.com

アメリカにあるホームページの特徴

トップページにお客様の声

ホームページに訪れた訪問者に対して、信頼感を与える為に実際にそのサービスや商品を使用したことのある人の声、通称『お客様の声』を記載するのはマーケティングの要素として常套手段といえます。

日本のホームページでは下層のページに掲載することがほとんどですが、アメリカの場合はトップページにそれを掲載するケースがしばしばあります。アメリカ発祥で世界的ECサイトに成長したAmazonのレビュー文化がこのような傾向を生んでいると想定されます。

ホームページ制作での日本とアメリカでの相違点

日本のホームページ制作ではスタンダードだと考えられていることが、アメリカでは全くスタンダードではないというケースがあります。

文化や習慣なども日本とアメリカでは異なるように、ホームページ制作にも同様のことがいえます。その中でも特に際立ったものをピックアップしてご紹介します。

日本のランディングページは米国では通用しない!?

商品に対する付加価値やコンセプトの説明をしたり、多くの情報を訪問者に与え腹落ちさせることが目的として作られているため、ページが長くなるケースが多々ありますが、アメリカでは端的で比較的短いランディングページが好まれる傾向にあります。

ランディングページは通常、ホームページの目標(コンバージョン)を達成するためのページになることが多く、この違いを把握しているのとしていないとでは成果に大きな違いが出てきます。

キャラクターはNG!?

昨今の日本で、ふなっしーくまモンを筆頭にゆるキャラのブームが巻き起こり、ホームページにキャラクターを全面に押し出してブランディングする企業も数多くあります。

ところがアメリカでは、このようなキャラクターを用いたホームページは子供向けのものと認識されてしまいます。子供向けの商品や情報を提供しているのなら話は別ですが、大人に向けて発信する場合はキャラクターを用いたブランディングは避けるべきです。

デザインよりもコンテンツ重視

日本のホームページの場合は細かい部分までこだわってデザインするケースが多く、デザインに重点を置きます。一方でアメリカではホームページ内で更新されるコンテンツ内容を重視する傾向にあります。

それは配信されるコンテンツ内容を一種の読み物として捉えているからであると言えます。

その他【アメリカ】についての関連ページ

アメリカのホームページ制作なら拝啓世界様にお任せを。どうぞお気軽にご相談下さい。

海外世界各国のホームページ制作(作成)

  • 制作実績
  • 香港のホームページ制作
  • シンガポールのホームページ制作
  • 中国のホームページ制作
  • 台湾のホームページ制作
  • 韓国のホームページ制作
  • アメリカのホームページ制作
  • マカオのホームページ制作
  • ロシアのホームページ制作
  • スペインのホームページ制作
  • スリランカのホームページ制作
  • マレーシアのホームページ制作
  • タイのホームページ制作
  • インドのホームページ制作
  • インドネシアのホームページ制作
  • ブラジルのホームページ制作