IT大国アメリカで行うウェブ広告マーケティングの集客戦略

アメリカ概要

  • 人口
  • ネット人口
  • ネット普及率
  • GDP(国内総生産)
  • 公用語
  • 3億2000万人
  • 2億5600万人
  • 83%
  • 16,768.05(10億USドル)
  • 英語

世界一の経済大国であるアメリカはIT先進国でもあり、ウェブマーケティングが最も盛んな国です。Facebooktwitterなど世界中で利用されるサービスを世に送り出し、革命的なウェブサービスが立ち上がりインターネット上の勢力図がガラリと変わるようなインパクトの始発点になることが多いです。

これはサンフランシスコ・ベイエリアの南部に位置し、ソフトウェア・インターネット関連のハイテク企業が一同に集まるシリコンバレーの存在が大きな要因でしょう。ネットの流行・衰退のスピードが世界の国の中でも群を抜いて早く、ネット市場での競争は困難を極めます。

インターネット事情

ソーシャルメディアの活用が盛ん

インターネット先進国であるアメリカでは、ビジネスにソーシャルメディアが多く活用されています。転職や就職に広く活用されるビジネス特化SNS、LinkedInをはじめ名刺の代わりにfacebookのプロフィールでお互いに交換するというケースもあり、ビジネス業界でも広く利用されています。

このような背景を見ていくとウェブマーケティングをする上でソーシャルメディアの活用は欠かすことができません。

ウェブマーケティングの重要性

ネット普及率が8割を超えるアメリカでは、ビジネスマンにおいては9割を超える割合でスマートフォンかパソコンからインターネットに1日に3回以上は検索エンジンを利用して検索するというデータが取れています。

製品やサービスの認知拡大という目標を達成する上でウェブ上でのマーケティング戦略は欠かすことのできない存在であることは間違いありません。

ECサイトの利用数

半年間のamazonの流入データphoto credit : similarweb.com

上記のグラフは世界で最大手のECサイトである“amazon.com”のトラフィック量を示したものですが6ヶ月間(2014/6~2014/11)で12億9000万ものトラフィックが発生しています。

アメリカではウェブ上で商品を購入することへの障壁が他国に比べて著しく低く、日常的にECサイトを利用する人が多くいることがこのデータから分かります。

その他【アメリカ】についての関連ページ

海外世界各国で行うウェブ広告マーケティングの集客戦略