立ち上げた理由

例えば、海外に旅行する際、事前に目的となる場所に「何が」あるかを調べ、「いつ」・「どこ」に行き、「なに」を「どうする」かを決めると思います。
日本人だけに限らずもちろん世界中の方が、海外旅行をする際に思う事です。

逆にインターネット上の口コミや掲示板などの情報を元に、行った事の無い海外の旅行先を決める時さえあります。これは、日本人が知らない日本の街に行く時ですらそうするのでは無いでしょうか。

日本と海外で大きく違う点で言えば、「言語」が異なる点と「文化」が分からないという点ではないでしょうか。

2020年の東京オリンピックに向けて発表されたデータで、現状の約2倍となる2,000万人の海外からの観光客を増加させる計画があります。
ですが、実際海外からの観光客が自分の店舗に来ても、自分達の商品やサービスをインターネット上で「お・も・て・な・し」する準備は出来ていますか?どうやって海外からの観光客にアピールするのでしょう?
そもそも、どうやって自分達の商品やサービスを知って頂く事が出来るのでしょう?
近年便利なツールが増え、翻訳も自動化されていますが、それでは「日本の文化」までは伝える事が出来ません。

今はインターネット時代です。

まず、来日して頂いてから見て頂くウェブサイトや、来日して頂くきっかけになるサイトを持ち、なおかつそのサイトをより多くの人に知って頂く為の準備を整えなければいけません。

更に、自分達の商品やサービスをどう伝えて行くかを考えていかなくてはいけません。

時代が進み、インターネットの普及と共に言語に関するシステムの開発も進化し続けています。
インターネットを使えば、日本語を英語に翻訳する。なんて事も容易く出来ます。

しかし、その自動化されて訳された言葉達は、「文化」までは訳せてはおりません。
また、自動化された言葉では、しっかりと狙ったターゲットを獲得する事は出来ません。

日本には、寿司やそばを始めとする和食や、織物や漆器などの伝統工芸品、各地方にある名産物、人力車や屋形船などの伝統的な乗り物、寺や神社、世界に誇れる四季を感じられる大自然があります。
これらの素晴らしさを、日本語で記載されているウェブサイトを見た日本人でさえ文字や画像、動画だけでは全てを感じ取る事は出来ません。

日本には、GoogleとYahoo!という検索エンジンが使われていますが、中国だと百度、韓国だとNEVER、ロシアだとYANDEXと利用する検索エンジンも異なります。
対日本人向けのサイトを自動翻訳化しただけでは、これらの検索エンジンにて表示させる事も出来ません。

では、改めて海外から来た方、海外から来ようとしている方にどう伝えられるでしょう?

「なに」を「どう」、「だれ」に伝えたいかを考え、意味のあるウェブサイトを持ちましょう。
そして、効果の出る対策を行って行きましょう。
今一度、日本の方にも海外の方にも「これが私達の商品・サービスだ!」という事を世界中に伝えてみませんか?