海外向けFacebook広告

Facebookの世界シェア

2015年1月の段階で世界の月間アクティブユーザー数が13億9000万人を突破し、もしもfacebookが国だったら世界で最も人口の多い国となる(世界一の人口を誇る中国の人口は13億6000万人)。
月間アクティブユーザーとは1か月の間に少なくとも1度はログインして、ニュースフィードの閲覧や友達の写真に対していいね!などの行動した人のことを指しますが、ということはFacebookのアカウントを所有している人は更に多くの数、存在するということが予測できます。
またFacebookは単に娯楽サービスとしての役割だけでなく、ビジネス面においても多いに活躍しており、ビジネスマン同士のアカウント交換はもはや習慣化しつつあるようです。

Facebook広告

自社の製品やサービスを世界中の人に知ってもらう手段として、大いに活用していきたいのがこのFacebook広告
各個人のニュースフィードの右側に掲載されるものや、モバイルから見た際にニュースフィードの中間に挟むような形で掲載されるものなど何パターンかの掲載パターンが存在します。

広告掲載の一例(ニュースフィード右側枠)

facebook広告

ターゲティング

広告出稿にあたって、どの媒体を利用する場合でもターゲティングを絞って費用対効果を上げていきましょうという話はどの広告代理店も話をするわけですが、Facebook広告でも多分に洩れずターゲティングは重要です。
特にFacebookの場合は実名制を重んじるSNSとして有名で、ターゲティングの設定に信憑性が持てる媒体なのでしっかりとターゲティングをしましょう。
下記の写真はFacebook広告を出稿する際にターゲティングを決定する設定画面です。
Faceook広告ターゲティング

地域ターゲティング

国の選択はもちろんのこと日本でいうところの都道府県、市区町村までの詳細エリアまで設定することが可能です。
訴求したいエリアを絞ることで広告の出稿予算を抑えることができ、より広告の費用対効果をあげることができます。

年齢ターゲティング

全ての年齢層に訴求したい製品はあまりないと思いますが、Facebookのターゲティングは