海外向け多言語対応ホームページ制作(作成)とは

海外サイト

日本のホームページ制作で当たり前だと思われていることが、海外では全く通用しないということは往々にしてあります。
その国々の国民性、習慣、宗教観まで考慮してホームページ制作することが必要になるからです。

上記の写真で左上から時計回りに英語圏、ロシア語圏、スペイン語圏、中国語圏のホームページですが、使用言語が異なるだけではなく、色合いや文字の大きさなどもそれぞれに特徴があります。

訴求したいターゲットエリアを選定してからそれぞれの国に適した(好まれやすい)ホームページを作ることが必要だということが分かると思います。

海外ホームページ制作(作成)を作成する際に注意すること

目的を明確化させる

よくありがちな事例として、とりあえず日本語サイトを多言語化させるだけさせてしまうというもの
確かに集客という観点では、ターゲットの総数が日本から世界になる分確実に増えます。

ですがホームページに訪問してきた人を増やした先に何を目的とするのかをしっかりと定めなければ、情報過多な現在のウェブの大海原に埋もれていってしまうのがオチでしょう。

会社の経営目標に対して、作成したホームページがどのような役割を果たしているのかどうかをKPI(重要業績評価指標)に落とし込んで定期的にどれくらい達成されているのかを計測する必要があります。

エリアのターゲットを設定する

ホームページを制作するにあたって、エリア選定を的確に行うこと成功へと導きます。
英語と一言にいっても『58の国と21の地域』が英語を公用語として使われていますし、同じようにスペイン語も21の国で使用されています。

となると多言語対応させると広い範囲に情報や自社の商品を訴求することが可能になります。
実際に取り扱っているサービスや製品を訴求できる商圏はどこまでにするべきなのか、資金面や人材リソースなどを考慮した戦略を立てることが必要になります。

自動翻訳はNG

Google翻訳、bing翻訳、エキサイト翻訳など、ウェブ上で手軽に翻訳することができる昨日を提供する媒体が増えてきていますが、結論から言うと自動翻訳機能を利用したホームページの翻訳はやめましょう。
その言語が持つ特有の言い回しや表現を忠実に翻訳することはできず、ネイティブの人が読んだ時に違和感のある文書になってしまうからです。

更に言うと、昨今の検索エンジン(主にGoogle)の性能は時間と伴に進化しており、文章の構成や正しい文法で書かれているかなどを判断できるようになってきていると言われているので、自動翻訳した文章をそのままインデックスさせてしまうと、品質の低いコンテンツであると検索エンジンに判断されてしまう可能性があります。

海外のホームページに見られる特徴

フォントのデザインにこだわる

ホームページのデザインにおいて、フォントの種類が重要な要素であることは言うまでもありませんが、特に英語でホームページを作成する場合はフォントにこだわっているホームページを良く見かけます。
これは日本語のフォント種類よりも圧倒的に英語のフォントの種類が多いため、選ぶ幅が広いためにこのような特徴があると言われています。

イラストを使わない

海外のホームページで常識とされているのが、アニメのようなイラストをあまりホームページに使わないということです。

日本ではホームページに訪問してきたユーザーが親しみを覚えるという利点から多用するホームページが多く見られますが、海外ではイラストよりも実写真を多く盛り込んだホームページが多い傾向にあります。

これは日本の文化として特筆される“アニメ文化”が大きく影響しているのではないかと考えられており、幼い頃からクオリティの高いマンガやアニメに慣れ親しんでいる日本では、イラストが受け入れられやすいが海外ではそうではないということを海外の人に向けてホームページを制作する場合は考慮しなければなりません。

海外ホームページ製作のこれからの形

海外世界各国のホームページ制作(作成)

  • 制作実績
  • 香港のホームページ制作
  • シンガポールのホームページ制作
  • 中国のホームページ制作
  • 台湾のホームページ制作
  • 韓国のホームページ制作
  • アメリカのホームページ制作
  • マカオのホームページ制作
  • ロシアのホームページ制作
  • スペインのホームページ制作
  • スリランカのホームページ制作
  • マレーシアのホームページ制作
  • タイのホームページ制作
  • インドのホームページ制作
  • インドネシアのホームページ制作
  • ブラジルのホームページ制作