訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

外国人観光客がよく訪れる都内5つのお花見スポットと2017年開花時期

2016年03月09日

タグ:,

3172faa9de4cbd75b95a1bb492c086b1_s

日本各地の桜の開花の季節は、『花見』を目的とした外国人観光客が増えるシーズンです。

桜の木を囲んでお酒を飲む『HANAMI』を楽しめるのは日本ならではです。(公園や公道での飲酒が禁止されている国々が意外にも多い)多くの人が集まり、屋台や提灯などが飾られた日本独特の光景を堪能したい、と足を運んでいるようです。

「自分の国ではお花見をすることができないから動画サイトなどで花見の様子を見るけど、桜が咲くたびに花見を楽しめる日本人に嫉妬しちゃうよ」

「桜は本当に美しい花。花見をしに1日だけでいいから日本へ行きたいよ」

このような外国人観光客の声は多いのです。

そこで今回は日本人が知っておくべき花見のマナーと外国人観光客が良く訪れる東京都内のお花見スポットをご紹介していきます。

目次

花見をする時に知っておきたいマナー
都内の桜の名所5選

花見をする時に知っておきたいマナー

ゴミは持ち帰りましょう

花見を楽しむということは、同時に飲み物や食べ物の容器や入れ物のゴミが大量に発生するということです。
毎年、花見の会場となる公園のゴミ捨て場は大量のゴミが溢れ返り、朝方にはカラスが群がっているという光景になります。
“できる限り”持ち帰りましょう。という言い方をすると”できないから無理”という事になるので、ゴミは持ち帰りましょう。
いい気持ちで毎年花見ができるように、心がけましょう。

騒ぎすぎない

こちらも毎年、近隣の住民からの苦情が入ったりしてニュースになりますよね。
確かに年に1度、約1週間ほどしか楽しむことができないという短期間でお酒も入れば、そりゃ騒ぎたくなる気持ちも分かります。
普通の日常生活を送っている人たちがすぐ傍にいることを忘れないで下さい。
賛成派がいれば同じだけ反対派がいるように、花見で騒ぐのが嫌いな人もいるわけなので、節度のある行動を取りましょう。

桜の木を傷つけない

花見の主役である桜の木に、登ったり桜の木の根に残ったお酒をかけたりするのはやめましょう。
桜の木に登れば枝が折れてしまいますし、お酒をかければ根が腐ってしまう可能性もあります。
公園側があまりにも公園維持に対して悪影響であると判断した場合は花見を禁止する可能性も多いにありえますので、労りの気持ちを持って桜の木には接するようにしましょう。

以上の3点を外国人観光客の方々を受け入れる側の私たちが意識することで、『日本の花見は楽しかったので、また来年来よう』と思ってもらうことができるでしょう。
と同時に、日本人の品位向上にも繋がると思います。

都内の桜の名所&開花時期

桜の名所が多くある東京都内。人気の桜の名所を厳選してご紹介します。

1.上野恩賜公園

東京だけではなく、全国的に知名度のある上野公園(正しい名称 : 上野恩賜公園(うえのおんしこうえん))。

東京で花見を楽しむなら外すことができないスポットのひとつ。周辺には、上野動物園のほか、浅草などの外国人に人気の観光スポットにも近いので外国人の花見客が他よりも多く見られる場所です。

不忍池周辺や上野東照宮境内には、屋台や売店もあるので食べ物に困ることがなく朝から夜まで花見ができます。「これぞ花見!」という雰囲気を楽しむなら上野公園で間違いありません。

先日テレビのニュースでも報道されていましたが、外国人の方がお花見している人の約半分を占めるような状況だそうです。

開花予想

上野公園の桜の開花は3月下旬頃。見頃は3月下旬~4月上旬。4月1日~4日に満開になることが多いようなので、気温や天候で多少前後する場合もありますが、ひとつの目安にしてみてくださいね。

アクセス情報

住所:東京都台東区上野公園・池之端三丁目
電話番号:03-3828-5644
最寄り駅:上野駅

 

2.隅田川 隅田公園

3a1750b6af327fe9e7aacca2d8a8d4b6_s

隅田川は桜の定番スポット。桜がトンネルのように咲いており、川を走る船を眺めることもできて風情があります。

日没後は桜が美しくライトアップされ、昼間とは違う幻想的な景色に変わります。

東京スカイツリーも臨むことでができる東京ならではの花見スポット。墨田公園では3月下旬から4月中旬にかけて「さくらまつり」を開催しています。

隅田川がある墨田区では、無料Wi-Fiルーターの貸し出しや、外国人向けの多言語版観光パンフレットも制作しており、各観光案内所で配布しているほか、HP上からPDF形式でダウンロードすることもできます。詳しくはこちら

開花予想

隅田川の開花も、上野公園と同じく3月下旬あたり。例年、上野公園より少し長めの期間桜を楽しめる傾向があるようです。
2015年の場合は、上野公園よりも5日ほど長く楽しめたという情報がありました。
上野公園が見頃を過ぎても、隅田川ならまだ見られる!ということもありそうなので、あきらめずにチェックしたいスポットのひとつです。

アクセス情報

住所:東京都墨田区向島1,2,5丁目
電話番号:03-5608-6951(墨田公園)
最寄り駅:浅草駅

 

3.目黒川

a9a4ec6cc6e12f80664fb5b700e7b9ea_s

目黒川が桜のトンネルに包まれる春。中目黒では近隣のおしゃれな飲食店がお店の外で軽食を販売してくれています。

目黒川の桜は、特に夜桜が見所。多くのメディアにも取り上げられる、おしゃれな雰囲気のお花見スポットです。

外国の方の中には花見の場所取りというものを知らず、せっかく花見に行ったのに桜を楽しめなかったという悲しいケースがあるようです。シートなどを敷くことが禁止されている目黒川は混んでいるとは言え、行けば間近で桜をみることができます。

駅周辺はかなり混雑していますが少し歩くと落ち着いて桜を見られる場所もあるので、夜桜を楽しみながら川沿いを歩くのも素敵な時間になります。

桜のシーズンの目黒川沿いは想像以上に混雑します。目黒川の桜の楽しみ方として意外と知られていないのがお花見クルーズ。船から桜を見られるのでゆっくり桜を楽しみたいならクルーズ予約がおすすめ。毎年人気です。

食事を楽しみながら桜を見たいという人は、桜が見られる飲食店で桜の見れる席を早めにご予約を。1月下旬頃から予約が埋まっていくので間近の予約はほぼ取れないのでご注意ください。

開花時期

目黒川の開花は3月下旬。見頃は3月下旬~4月上旬です。

アクセス情報

住所:東京都目黒区目黒川沿道
電話番号:03-5722-6850(めぐろ観光まちづくり協会)
最寄り駅:中目黒駅

 

4.代々木公園

渋谷区に位置しているという土地柄、花見の時期になると若者が多く集まる花見スポット。
都心にあるとは思えないほどの広大な土地の中に桜の木が数多く植えられているため、至るところでブルーシートが敷かれて花見をしている人がいます。

園内を見渡すと、外国人観光客の姿が多く見られ、シートを敷いて花見を楽しんでいる人もいますが、
ほとんどは園内を散策しながら、桜の木をカメラで撮影したりセルフィーしたり仲間と一緒に写真撮影したり、各々の楽しみ方で満喫しています。

アクセス情報

住所:〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町2−1
電話番号:03-3469-6081
最寄り駅:JR「原宿」下車 徒歩3分

 

5.六義園

国指定の特別名勝にも指定されている六義園では、巨大な枝垂桜(しだれざくら)がライトアップされており、夜桜を満喫することができます。

ライトアップの期間と時間帯は下記の通り

[ライトアップ期間]2017年3月16日~4月2日
[ライトアップ時間]日没~21:00

ライトアップの期間中は特に賑わいをみせ、外国人観光客の方も多く見受けられます。ソメイヨシノも桜の代表的な品種で美しいですが、枝垂桜も日本的で和の良さを感じることができます。

アクセス情報

〒113-0021 東京都文京区本駒込6丁目
03-3941-2222


 

日本でも1年に一度だけのお楽しみのお花見。

美しい桜を日本人だけではなく世界の人に、
もっと知ってもらって楽しんでもらえるようになっていくと嬉しいですね。

更に日本の文化を知ってもらえるように拝啓世界様では外国人の方に向けてのウェブプロモーションをどのように行っていけば良いのかをお伝えさせて頂いています。
顕著に訪日数が増加しているアジア圏の方々だけではなく、世界中の方々がターゲットです。

少人数で経営されている店舗様などもお気軽にお問い合わせ下さい!

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.