訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

日本文化を感じる外国人に人気の奈良ご当地グルメ5選

2017年03月06日

タグ:,

2020年に年間の訪日外国人数を4000万人を目指している日本ですが、その為には地方にもっと外国人観光客を誘致していく必要があります。

奈良県は東大寺など外国人観光客に人気の観光スポットが多い為、訪日外国人数も年々増えており、2015年では103万人と全国で13位となっています。一見好調のように思いますが奈良県には不安要素がいくつかあります。

奈良県の課題とは

奈良県の課題として訪れる人が多くても、宿泊してくれる人が少ないのです。宿泊数が低ければ当然一人当たりの旅行消費額もそれに伴って低くなります。宿泊数が少ない理由はいくつかありますが、代表的なのは

●駅周辺に観光スポットが多い為、滞在時間が短く済んでしまう

●宿泊施設が全国と比べると少ない

●早い時間にお店が閉まってしまう

これにより、宿泊は近隣の京都、大阪になり、奈良は観光のみという外国人観光客が増えているんです。

ですので訪日外国人の宿泊数を増やすには、以上の課題をクリアする必要があります。

奈良の観光ポテンシャルは高いと評価を受けているので、まずは足りない宿泊施設を増やすことが急務と言えます。

県も危機感を感じたのか、2016年の12月吉城園周辺に庭園を生かした高級ホテルを想定した事業提案の募集を開始しました。3グループから提案があったようです。ホテルが完成することで奈良県に多数の訪日外国人が宿泊すること期待したいです。

外国人に人気の奈良県ご当地グルメ5選

それではここで外国人に人気がある奈良県のご当地グルメを紹介したいと思います。一見どれも地味ですが、日本文化を感じることができる魅力的なものばかりとなっています。

茶粥

外国人が奈良県に来たら、おすすめしたい奈良名物の食べ物は「茶粥」です。 茶粥って、日本でもあまり知られてないですが、奈良県に来たら古民家や町屋を改装してできたカフェなどで食べることができます。

お茶の種類は奈良で採れた大和茶で、江戸時代のはじめにお米を大和茶で炊いたことから茶粥として親しまれてきました。 でも、これだけだとちょっと物足りないので、食べるのは朝ごはんに丁度いいです。

外国人観光客におすすめなポイントは、ムスリムやベジタリアンの方でも食べられる食事ということです。お店によっては、お米と一緒に大豆が入っていたり、御膳としておかず付もあるので、いろんなパターンで試してください。

伝統的な茶がゆからは歴史を存分に感じられ、一度は食べて見たい郷土料理です。興福寺の境内にひっそりと佇んでいる古民家のようなお店では、メニューは茶がゆ弁当と茶がゆ懐石のみで、地元産の野菜の炊き合わせや胡麻豆腐などが付いてきます。

奈良の伝統料理茶粥は、朝食から懐石料理まで幅広く、奈良の旬の食材を使用した付け合わせとともに郷土料理として味わうことができ、外国人観光客に好まれています。

twitterの声

おすすめ店舗情報

名物茶がゆ  塔の茶屋

住所: 〒630-8341 奈良県奈良市南城戸町18
最寄り駅:(近鉄奈良線)奈良駅から徒歩10分
TEL:0742-22-4348
営業時間:11:30~16:00
定休日:火曜日

公式ホームページ:http://tounochaya.com/

味亭 山崎屋

住所:〒630-8216 奈良県奈良市 東向南町5 井上ビル1階
最寄り駅:(近鉄奈良線)奈良駅から徒歩5分
TEL:0742-27-3715
営業時間:11:15~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:月曜日

公式ホームページ:http://ajiyama.com/

釜めし志津香

良公園近くにある、釜めし専門のお店です。奈良公園周辺に観光に来た外国人観光客の方々にとても人気のお店です。いつ行っても行列が出来ています。奈良のご当地グルメで有名なお店です。釜めしは注文してから一つ、一つ炊いていくので時間がかかる為、お昼時は長い行列が出来ています。

奈良に観光に来た外国人の方々は日本らしさを求めている為、釜飯や、季節限定の釜めし、釜飯御膳等の和食が人気があるのかもしれません。お店の雰囲気も和な雰囲気で日本家屋で、座敷も畳になっています。その中で食事をするのも日本らしさを体験出来るという事で、人気の一つです。本店と大宮店とあり、大宮店の方が奈良公園から離れている為、行列はありません。

twitterの声

店舗情報

釜めし志津香 大宮店

住所:〒630-8115 奈良市大宮町4-249-4
最寄り駅:(近鉄奈良線)新大宮駅から南へ徒歩5分
TEL:0742-93-8029
営業時間:
平日 11:00~14:30、17:00~20:30
土日祝 11:00~20:30
定休日:火曜日(月1回不定休あり)

釜めし志津香 公園店

住所:〒630-8213奈良市登大路町59-11
最寄り駅:(近鉄奈良線)近鉄奈良駅から東へ徒歩15分
TEL:0742-27-8030
営業時間:11:00~19:30
定休日:火曜日(月1回不定休あり)

公式ホームページ:http://www.kamameshi-shizuka.jp/

中谷堂草餅

奈良公園近く、餅飯殿町商店街入り口の店頭で、臼と杵を使った高速餅つきのパフォーマンスが行われ、店の前には観光客の人だかりができます。呼吸のあった高速餅つきは、誰が見ていても楽しく、昔ながらの餅つきの姿そのもので、とくに外国人観光客にとっても日本を感じるところです。

しばらく眺めていると、あっという間につきあがります。もちろん、お餅はつきたてなのでふわとろ。柔らかさは絶品。ヨモギの香りが心地よく、きな粉の香ばしさとあんの上品な甘さと、とてもバランスのいい草餅です。

もち米は佐賀県産の「ひよくもち」を使用し、餡の小豆は北海道十勝産を使用しているとのこと。きな粉も国産にこだわったとてもおいしい人気の草餅です。つきたてを1個から買うことができ、手にもって歩きながら食べられるのも外国人観光客のうれしいところでもあります。

twitterの声

店舗情報

中谷堂

住所: 〒630-8217 奈良県奈良市橋本町29
最寄り駅:(近鉄奈良線)近鉄奈良駅 2出口より徒歩5分
TEL:0742-23-0141
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休

公式ホームページ:http://www.nakatanidou.jp/

吉野本葛スイーツ

 

奈良の本格的な吉野本葛を使った葛料理や葛菓子が食べられるお店、天極堂が近鉄奈良駅から東大寺への道の途中にあります。

外装はシックなよそおい、内装は木造りのギャラリーのようになっており、ゆったりと時間を過ごすことができ、古都奈良の趣を十分に感じるたたずまいです。

葛菓子の種類もいろいろあり、冬は暖かい葛湯、夏に本葛を使った葛きりがぴったりで、弾力があって上品な味。葛餅は温かくてとても柔らか。注文を受けてから作るので少し時間はかかりますが、お店での作りたてでしか味わえない味です。

季節のご膳は葛料理のお手軽ミニコース。麺に葛をねりこんで作るヘルシーなうどんを中心に、葛三昧入門の味覚を味わえます。透明感を持つほどに美味しいと言われる本葛を使ったスイーツは、味は勿論、夏は涼やかさ、冬はほんのり温かくと、手作りのぬくもりを感じます。

作り立てのとろとろ感は他では味わえないと、訪れる外国人観光客に人気です。

twitterの声

店舗情報

天極堂

住所:〒630-8273 奈良県奈良市押上町1-6
最寄り駅:(近鉄奈良駅)より徒歩10分
TEL:0742-27-5011
営業時間:10:00~19:30(ラストオーダー19:00)
定休日:火曜日(祭日の場合翌日休み)

公式ホームページ:http://www.kudzu.co.jp/index.html

奈良町豆腐庵

 

奈良町情緒を味わいながら、落ち着いた雰囲気の食事処で、築180年の趣ある町屋を利用したお店には中庭や蔵などもあります。豆腐専門店の『近藤豆腐』で作られる豆腐料理は、厳選した国産大豆と伊豆大島産海精にがりを使用してこだわりの製法で作られた、豆の味が濃い逸品です。こだわり豆腐を使ってさまざまなお料理となって出てきます。

おぼろ豆腐は、普通に食べても甘味があるのですが、塩をかけるとより一層、味の深みが増します。豆乳湯豆腐は、あっさりしていて、汲み上げ湯葉鍋も、自分で湯葉のタイミングを計ってすくうのですが、上手くとれたりとれなかったり、それがまた楽しいのです。

豆腐や豆乳ってこんなに美味しかったという驚きと、豆腐を使った甘味まで、豆腐を食べつくす贅沢を味わうことができ、お値段はとてもリーズナブルなところが外国人観光客に人気なところでもあります。飽きることなく豆腐料理が堪能でき、奈良町の中の素敵な空間と、丁寧な心のこもった対応が居心地をさらに良くしてくれます。

twitterの声

店舗情報

奈良町豆腐庵こんどう

住所:奈良県 奈良市 西新屋町 44
最寄り駅:(近鉄奈良線)近鉄奈良駅から徒歩10分
TEL:0742-26-4694
営業時間:17:00~22:00
定休日 月曜日、第一火曜日(ともに祝日は営業)

公式ホームページ:http://www.kondou-touhu.co.jp/shop/shop_kon01.html


以上奈良県の人気ご当地グルメの紹介でした。派手さはなく、地味ではありますが日本の文化に興味のある外国人にとっては魅力的なものばかりではないでしょうか。

ただまだ知名度はどれもまだまま低いのも事実。より一層積極的なPRもさることながら、新たなご当地グルメの開発も今後必要になることでしょう。

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.