訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

新潟県の外国人観光客にも注目される人気観光地10選!インバウンド促進はアジア圏が鍵に?

タグ:

27d4d9738998e7b90def93a48cbb7f14_s

外国人観光客の集客に伸び悩む新潟県は、2014年に『新潟におけるインバウンド推進に向けて』というレポートを発表し、今なお観光目的地としての認知度向上を目指しています。

外国での新潟の認知度は47都道府県中、22位。
観光地として知っていると答えた人に聞いた訪問意欲は45位と、かなり厳しいデータが発表されました。新潟を訪れる外国人は大半がスキーやスノーボードといったウインタースポーツを目的としており、それ以外の目的で観光へ繋げるのに苦戦を強いられているのが現状のようです。

誤解のないように先に言っておくと、私の出身地は他でもない新潟市ですが生まれ育った新潟への印象は

「とりわけ目立った観光地がない。」
「観光できる地域もそれぞれが離れていて、余程の目的があるか相当な旅行好きでなければ行き先に選ぶことはあまりないんじゃ……。」

というのが正直な見解です。
わざわざ外国から日本へ来るのであれば、より観光しやすい他の地域へ行くのは至極当然なのではないでしょうか。

それでも愛する故郷、新潟を応援するべく、新潟に訪れる外国人が選ぶ人気スポット、おすすめスポットを徹底的に、徹底的に!お伝えしていきます!

外国人観光客の誘致は、アジア圏を中心に

新潟県は、香港、台湾など、近隣アジアからの認知度は高い傾向にあります。万景峰号(マンギョンボンゴウ)も、かつてはいつも新潟に入港していたくらいなので、これは当然と言えば当然なのかもしれません。

空の窓口、新潟空港も韓国の川国際空港(ソウル)、中国の上海浦東国の空港(上海)、ハルビン太平国際空港、グアム国際空港に発着しています。韓国や中国に関しては距離が近いこともあり、集客には高い期待が寄せられます。

南北に広がる新潟県は大きく分けて下越、中越、上越、佐渡の4地域に分けられます。長い地形のため、地域によって景観、食べ物、気候に差があり、それぞれ違った魅力に溢れています。四季がはっきりしているのも特徴なので、新潟県の強みである米、酒をはじめとした食や自然は、何度も日本に訪れている外国人にこそ響く可能性があると、日本へ何度も足を運んでいる層へ向けてアピールしています。山も海も楽しむことができ、米、酒といった食のブランドも兼ねそろえた新潟は、観光地としての魅力は十分にあるのです。

まずは、訪日回数が平均4回以上と言われている台湾、韓国へのアピールが新潟県の観光市場の鍵を握っていることには違いあいません。

新潟の外国人観光客誘致の画策

コンベションセンターや、新潟大学のある新潟市内では、観光目的ではなく、ビジネスや学問を目的とした外国人観光客の姿も多くみられます。「もっと新潟を楽しみたい」「観光でも新潟に来たい」と感じてもらうべく、新潟市は外国人観光客に対するおもてなしの充実を図りました。

新潟市外のお店や各観光施設などを対象に、外国人に向けた接客や集客の研修会を開催するほか、新潟に留学に来ている外国人の意見を元に新潟のCOOLだと感じるスポットをまとめた外国語パンフレットも作成。新潟の魅力を伝えるべく、立ち上がっているのです。

さらには、近年、雪のシーズンにはスキーやスノーボードを目的にした外国人観光客が増えていることにも着目。
妙高市田切の赤倉観光リゾートスキー場内で行われたかまくらを模した10畳ほどのテントの中で新潟の地酒を楽しむ「雪酒場」は外国人に大ウケし、2015年、2016年と続けて開催されました。

国内からも観光客の集まる「雪」のシーズンも、外国人観光客誘致の足掛かりになると、県をあげて誘致に力を入れています。

 

新潟県のおすすめ観光地 10選

観光地としては『地味』と言われても否めませんが、新潟には魅力的な観光地がたくさんあります。外国人観光客の集まる新潟の人気観光地を紹介します。

1.新潟市街地・萬代橋

f617ee08fc657d3a1e906d85cdf6280b_s

新潟観光をするときはほとんどの人にとって最初の入り口となる新潟市。

新潟市は壮大な大自然や圧巻の景色があるというわけではありませんが、美しい一面もあるのです。いかにもな観光地ではなく、街並みを見て楽しむ場合にはうってつけです。日本で一番長いと言われる川に架かる萬代橋(旧:万代橋)は平成16年に国の重要文化財に指定されました。

新潟駅からは徒歩15分ほどと離れていますが川沿いにはベンチが並び、夜にはライトアップされ、幻想的な空気に包まれます。夏には新潟を代表する『新潟まつり』も開催され、花火の日には外国人に向けた席も用意されます。

SNSで写真が拡散されたことにより、外国人の方からの注目度も高まってきています。数年前にはあまりいませんでしたが、近年では外国人の方を見かけることも増えてきているようです。

アクセス情報

住所:新潟県新潟市中央区万代
最寄り駅:新潟駅から徒歩15分

 

2.マリンピア日本海

02ed480b5e98d3c1d4d0b35f463bc097_s

海岸エリアにある日本海側最大規模の水族館、マリンピア日本海は“触って楽しむ水族館”として人気です。

展示を触ったり動かしたりして巨大水槽を泳ぐ生物の生態について知ることができる仕掛けが施されています。ウニやヒトデ、ナマコ、ヤドカリなどには直接触ることもでき、1日中いても飽きないスポット。見逃せないイルカショーや、トドの餌付け、ペンギンを間近で見て解説など、ショーもバリエーション豊富です。

全国的に水族館は外国人観光客から高い人気を誇るため、マリンピア日本海も例外ではありません。新潟駅周辺にいると外国人の方に「マリンピア日本海の場所はどこですか?」と聞かれることもしばしば。

 アクセス情報

住所:新潟県新潟市中央区西船見町5932-445
電話番号:025-222-7500
営業時間:9:00~17:00
最寄り駅:JR新潟駅から新潟交通バス水族館線で20分程

 

3.せんべい王国

『ばかうけ』や『星たべよ』のBefco(栗山米菓)が運営するせんべい王国は、外国人観光客に注目されている、人気の高いスポットのひとつです。

おせんべいを焼いて絵を描ける『超大判お絵かき手焼き体験』や、ばかうけにパウダーを振り掛けてオリジナルの味も作れる『ばかうけ味付け体験』など、やって楽しい食べて美味しい体験コーナーが外国人観光客の心をくすぐっているようです。 ソフトクリームとせんべいをサンドし、醤油をかけたオリジナルスイーツが食べられるユニークな喫茶コーナーや、お土産の種類も豊富なのでそのあたりも外国人観光客にウケている理由なのでしょう。

外国の方もせんべい王国のオリジナルフードを食べている

せんべい王国の喫茶コーナーで販売されている、ぬれおかきコロッケとばかうけコロッケ。日本人でも「何だろう……?」と思う食べ物を外国の方も食べています。

#niigata #senbeiokoku #ricecracker #croquette #japanesefood #せんべい王国 #せんべい #ぬれおかきコロッケ Paulinaさん(@cookinginjapan)が投稿した写真 –

#niigata #senbeiokoku #ricecracker #croquette #japanesefood #せんべい王国 #せんべい #ばかうけコロッケ Paulinaさん(@cookinginjapan)が投稿した写真 –

どんな味がするのか興味深いですね。

アクセス情報

住所:新潟県新潟市北区新崎2661
電話番号:025-259-0161
営業時間:9:30~17:00
最寄り駅:新崎駅から徒歩15分

 

4.朱鷺メッセ

朱鷺メッセは、ホテル、美術館、飲食店などが一体化した新潟県最大規模の複合型コンベション施設です。佐渡に行く方は朱鷺メッセから佐渡汽船が出港しているので、佐渡へ行く外国人観光客の方は利用するスポット。   31階にあるBefroばかうけ展望室からは信濃川、日本海、新潟市街が臨めます。

朱鷺メッセも新潟駅~万代橋周辺にいると外国人の方に場所を聞かれることが多い場所です。日本人であればタクシーで行く距離ですが、外国の方は散歩がてら歩いて向かう人もいるとか。

アクセス情報

住所:新潟県新潟市中央区万代島6-1
電話番号:025-246-8400
営業時間:8:00~22:00(金曜~17:00)
最寄り駅:新潟駅徒歩25分

 

5.新潟ふるさと村

新潟の食やグルメを余すことなく堪能でき、体感しながら新潟の歴史を知れる新潟ふるさと村は、外国人観光客向けのツアーのコースにも入っている場所なので、団体の外国人観光客の方も多くいらっしゃいます。

新潟ふるさと村は大きくわけて3つのエリアに分かれています。 バザール館は新潟のお酒、米、魚など、新潟の食が楽しめ、アピール館では、新潟の歴史や文化を体感しながら知ることができます。 新潟の明治~大正にかけての民家を再現したエリアではリアルなおばあさんのロボットが新潟に古くから伝わる民話を語っていたり、『雪国体験コーナー』では人工降雪機で雪を降らせ、1年中雪と触れ合うこともできます。雪の降らない国からお越しの方は冬でなくとも雪を体感できる貴重なスポットです。

新潟ふるさと村にはB級グルメ、日本海の新鮮な海の幸、郷土料理を味わえます。新鮮な魚の海鮮丼は刺身を食べたい外国人の方に好評です。

アクセス情報

住所:新潟県新潟市西区山田2307
電話番号:025-230-3000
営業時間:9:30~17:00
最寄り駅:駅からはかなり遠いので行く場合はバスを推奨。「新潟ふるさと村」バス停下車

 

6.弥彦神社(弥彦村)

d66862158220624d840494ea52d0da8a_s

霊峰・弥彦山の麓に鎮まる弥彦神社は新潟県でもトップクラスのパワースポット。天照大神の曾孫、天香山命(あめのかぐやまのみこと)をお祀りしており、格式高い神社で神域に入ると見えてくる、コンクリの道路の中にある大鳥居は外国人でなくとも息をのむような非現実的な光景です。

緑の中にある鳥居がひときわ目を惹きます。

9342436c734b5bdc3ec4689655f8f29e_s

すぐ近くから弥彦山登山もできるのでパワースポット&自然を一度に満喫できるのが人気の理由のようです。

0bb4ad430d4776ba81d80c2d21cc07ed_s

弥彦山を登ったときに見られる越後平野は圧巻です。 ロープウェイがあり、安全に山頂まで行けるのも魅力的なポイント。   弥彦村は温泉街になっているので、温泉を目的としている外国人の方も集まります。

アクセス情報

住所:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2887-2
電話番号:0256-94-2001
最寄り駅:弥彦駅徒歩10分

 

7.星峠の棚田(十日町)

『にほんの里100選』にも選ばれた星峠の棚田は、日本を代表する絶景スポットです。 春先に見られる水鏡をはじめ、移り行く季節を目にすることができます。

正直、アクセスが良いと言える場所にあるわけではないのですが、日本の棚田は外国人からの人気が高いのです。星峠の棚田もSNSの写真から注目度が高くなってきたスポットです。

アクセス情報

住所:新潟県十日町市峠
最寄り駅:まつだい駅より車で20分ほど

 

8.高田公園

6e1e8df6351ed2a4774f80eb211ee395_s
高田城跡に作られた公園で、建っているお城は復元されたお城です。日本三大夜桜と言われており、桜の見所として有名な場所。お花見は言わずと知れた、外国人の方に人気の日本文化。春にはたくさんの人で賑わいます。

図書館や博物館、野球場、噴水広場、芝生広場など、桜の季節以外も楽しめる広大な公園は、外国人観光客の団体ツアーのコースのひとつです。

アクセス情報

住所:新潟県上越市本城町
電話番号:025-543-2777 (上越観光コンベンション協会
最寄駅:高田駅徒歩20分

 

9.新潟市マンガ・アニメ情報館

新潟は、有名マンガ家を多く輩出しているマンガ大国。 赤塚不二夫、水島新司、高橋留美子、和月伸宏、魔夜峰央、小畑健など、言わずと知れた有名作品の生みの親の生まれ故郷でもあります。数多くの漫画家を生み出した新潟は、日本のマンガやアニメを愛する外国人にとってまさに聖地です。

新潟市万代のBILLBOARD PLACE (ビルボードプレイス)にあるアニメ・マンガ情報館はアニメやマンガが好きな方は1日中いても飽きないスポット。 昔ながらのアニメから最新のアニメまで随時イベントが開催されており、外国人観光客だけでなく、新潟に留学で来ている外国人の方の姿もあります。

アクセス情報

住所:新潟市中央区八千代2-5-7 万代シテイBP2 1階
電話番号:025-240-4311
営業時間:11:00~19:00 最寄り駅:新潟駅徒歩15分

 

10.佐渡

c8900c9cf320ef8e73e3ed839f2883ac_s

新潟からフェリーで2時間~2時間30分、ジェットフォイルで1時間で到着する佐渡は、島全域が観光スポットになっています。 佐渡金山、たらい舟など無数の観光地のほか、ダイビングを体験できたり、能舞台などを見れたりもします。

島ならではの濃厚な旅が楽しめる佐渡は、古き日本の「日本らしさ」を堪能できます。

8210a91001cd3828998d98017cda1f18_s

近年、佐渡では、外国人向けにモニタープランを企画したり、外国人観光客向けの集客にも力を入れています。

佐渡にも外国人観光客の姿が・・・

佐渡金山の人形達ですね。これはリアルでちょっと怖いくらいなのです。

アクセス情報

新潟港~フェリーかジェットフォイルで出港

 


 

新潟を訪れる外国人の方は、SNSや実際に行った方の口コミを通して観光スポットを知ることが多いようです。観光地としては地味と言われていますが、新潟にはたくさんの魅力があります。

それぞれの観光スポットの距離が離れているという点も観光地として選ばれにくい原因のひとつであると言えますが、ひとつひとつは本当に素晴らしい場所であることに違いありません。外国人観光客はもちろん、日本人の方にも新潟の魅力を伝えていくことが外国人観光客誘致の第一歩になるのではないでしょうか。