訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

山形県に外国人観光客が増えてきた!訪日客が集まる観光スポット5選

タグ:

c53ecbbece4b2ecfcceddf03dc1177bb_s

空港便の増便、2015年5月に行われた日台観光サミットの開催などにより、山形県で台湾人を中心に外国人観光客が増えてきています。

山形-羽田便、羽田国際線の大幅増便で山形ルートが人気

2016年3月30日から、山形-羽田便が朝・夕の2往復運行となりました。同じく、羽田空港の国際線が大幅に増便されたことにより、羽田経由で山形県へ行く外国人観光客が増加しています。

山形県を訪れた外国人観光客は2015年には約9万7000人
前年と比べて2万9000人増えました。
国別に見ると、日台観光サミットの影響もあり台湾人が最多。次いで、韓国、中国と近隣のアジア圏からの訪日客が多い傾向があります。

山形空港は、これを機に羽田空港乗り継ぎによる山形を含む東北ルートの外国人誘致に力を入れています。

タイとオーストラリア人を主要強化国に選定

人口減少による消費や生産活動の停滞・縮小など、地域経済の冷え込みが懸念されている山形県では外国人観光客を獲得して、地域経済を活発にする取り組みを開始しました。

年間を通して台湾人をはじめとしたアジア圏の観光客の誘致はもちろんですが、それとは別に主要強化国としてタイとオーストラリアを選定。それぞれの国に合わせた旅行プランを提案しています。

■タイ人の集客を強化している理由
・隣県仙台市とタイの交流が盛んで広域連携で観光客の獲得が期待できる
・2013年12月から仙台-バンコク直行便が開設された
・15日間までは滞在ビザが不要になり、簡単に来日できるようになった
・TVドラマ『おしん』がタイで放送されていたため、認知度が高い

■オーストラリア人の集客を強化している理由
・オーストラリアの夏季休暇と重なる12月~1月にかけてスノーリゾートの需要が高い
・山形市とスワンヒルが姉妹都市であり、学生の短期留学などの交流が盛んであるため

参考:yamagata.jp

外国人観光客向けの受け入れ体制を強化

山形県では、外国人観光客が観光を楽しめるよう、受け入れ体制を整えています。

■観光地へ向けた取り組み
・外国人旅行客歓迎店舗の登録・管理
・従業員向け研修(語学/生活習慣)
・指差し会話帳の作成・配布

■外国人旅行客へ向けた取り組み
・SNSツールやWebサイトを利用した情報発信
・海外からの切符手配等に対応
・体験ツアーやレンタルサービス等の仲介
・専用コールセンター設置

参考:yamagata.jp

山形県の人気観光スポット5選!

ますます外国人観光客の増加が見込める、山形県の人気観光スポットを紹介します。
ノスタルジックな昔ながらの日本の良さを堪能できる山形県は、忙しい日々に追われた日本人にとっても魅力的な観光地です。

蔵王温泉・スキー場

404b804835291b7f2dfe3753dbe57b49_s

山形県で外国人観光客が一番多い場所が蔵王温泉・スキー場です。

山形蔵王は山形市中心部からもアクセスがよくシャトルバス等を利用できます。春~秋は新緑、紅葉の蔵王山・お釜の散策が楽しめ、冬は特にイメージが強いスキー場・東北有数の樹氷を見ることができます。

もちろん、スノーボード・スキーのようなウィンタースポーツを楽しむこともできるため、これらを楽しんでいる外国人の方々も多く見受けられます。

c671f6e4a83686a0efaa866548499252_s

特に台湾・中国・韓国からの外国人が多く、冬の雪に触れる機会が楽しいと聞ききました。スキー場のオフシーズンでも蔵王高原のロープウェイからの高原ハイキング、スキー場ゲレンデ内にあるスーパースライダー等、子供たちでもアクティブに遊べ場所があります。

自然を体で思いっきり感じ取れる場所です。冬のイメージが強い蔵王ですが四季を通じて高原のよさ、1000年以上歴史がある水色の乳白色の温泉を堪能できます。

アクセス情報

住所:山形県山形市蔵王温泉
最寄り駅:JR山形駅から車で約40分程度

 

羽黒山 五重塔

033bad7d4371e504f0e6b0fa8ddeb29c_s

観光地の格付けミシュラン・グリーンガイドで三ツ星の評価を得た山形県鶴岡市の羽黒山。

東北最古の塔、国宝五重塔がそびえ立ちます。夏でも木立により清涼感があり、冬には雪に包まれた五重塔は神秘に満ちて魅力的です。

山田孝之主演『「勇者ヨシヒコ(魔王の城&悪霊の鍵)」のロケ地になったことでも知られ、ドラマを見た人も訪れるようになり、注目されている場所です。

羽黒山がある鶴岡市では『庄内映画村』も人気の観光地。
役所広司主演「十三人の刺客」、香取慎吾主演「座頭市-THE LAST-」、綾瀬はるか主演「ICHI」、佐藤健主演「るろうに剣心」などの映画の撮影場所になりました。

三ツ星スポットのため、外国人観光客も多く足を運ぶ場所ですが、日本人でも楽しめる観光スポットです。

アクセス情報

羽黒山 五重塔
住所:山形県鶴岡市羽黒町手向羽黒山
電話番号:0235-62-2355
営業時間:JR鶴岡駅から羽黒山頂行きバスで40分「羽黒センター」下車

庄内映画村
住所:山形県鶴岡市羽黒町川代字東増川山102(庄内映画村オープンセット)
電話番号:0235-62-2134
営業時間:【4~9月】9:00~17:00/【10~11月】9:00~16:30
最寄り駅:JR奥羽本線鶴岡駅からシャトルバス(庄内藩レトロバス)で50分

 

山寺立石寺

d7722b16a8a41ca50ceb51cdb4797f9a_s

通称「山寺」。悪縁を切るご利益があることで知られています。松尾芭蕉がこの地を訪れたときに詠んだ、「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」という句は有名です。

「なぜこんなところに建ってるの?」という不安定なバランスが絶妙で、まるで天狗が出そうな神妙な怖さが美しいです。

ed1abd4504a7a9038f4b1360571b7a6d_s

「行くと不思議と落ち着く」と、地元の人も何度も足を訪れるほどのスポット。滋賀・延暦寺から分灯され、1200年前から今も燃え続ける「不滅の法灯」は見逃せません。

中国圏、アジア圏よりは白人系の外国人観光客の方が多い場所です。

アクセス情報

住所:山形県山形市大字山寺4456-1
電話番号:023-695-2843
営業時間:8:00~17:00
最寄り駅:山寺駅徒歩10分

 

山形県郷土館 文翔館

fd6c7a278745d964bd29ed87cc0cf7dd_s

国の重要文化財に指定されている大正5年に立てられた「文翔館」。入場無料にも関わらず、大正ロマンの優雅な空気に浸れます。当時の手作りガラスや漆喰の飾り、細部にこだわった復元など、見応え十分です。旧・山形県庁でもあり、山形県の歴史的資料も楽しめます。

『庄内映画村』と同じく、るろうに剣心の映画の撮影場所になりました。館内のイベントホールではコンサートが催されることもあります。

山形県を訪れる外国人観光客の半数は台湾人ということですが、文翔館では、「台湾女性写真家作品展」と「日台観光フォトコンテスト作品展」が行われ、台湾の方によっても親しみのある場所となっています。

アクセス情報

住所:山形県山形市旅籠町3-4-51
電話番号:023-635-5500
営業時間:9:00~16:30
最寄り駅:JR山形駅~市役所経由路線バスで「市役所前」下車

 

鶴岡市立加茂水族館

6bf44923632871fd945eaed8521c73e9_s

クラゲが展示されている“クラネタリウム”には常時40種類近くのクラゲが泳いでおり、世界一の規模のクラゲの数はギネス世界記録に認定されています。

そのため、山形県も県をあげて外国人観光客の誘致のきっかけにしようとしているスポット。子供の入場料は無料で、アシカショー、ウミネコの餌付けなど親子で楽しめるイベントも開催されているので家族連れの方にぴったりです。

山形を代表する観光スポットのため、近年外国人観光客の方も増えてきたそうです。
日本海を臨む崖の上にあるので、オーシャンビューの眺望も素晴らしいです。

アクセス情報

住所:山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
電話番号:0235-33-3036
営業時間:9:00~17:00
最寄り駅:JR鶴岡駅~湯野浜温泉行きバスで約30分「加茂水族館」下車

 


 

山形県は自然もグルメも満喫できる魅力的な場所です。

日本ならではの良さが色濃く残る地域なので、外国人観光客の方はもちろん、日本人の方にとっても日本の良さを再確認するきっかけになるかもしれません。