訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

安くて旨いと外国人観光客に人気、大阪ご当地グルメ6選

2017年01月24日

タグ:,

大阪のご当地グルメと言えば国内でも安くて旨いというイメージが定着しており非常に有名です。これは訪日外国人にとっても同じことで安くて美味しいB級グルメが豊富にある大阪は人気があります。

大阪観光局長によると2016年に、大阪に訪れた訪日外国人の数が前年より3割増しの940万8000人にのぼりました。2016年の全体の訪日外国人の数が約2400万人なので、約4割が訪れている計算です。とはいえ景気のいい話ばかりがあるわけではありません。観光庁の調べによると消費金額は一人当たりが11・5%減少としています。爆買いも沈静してしまいました。

とは言え訪日外国人数は増えていることも忘れてはいけません。

そんななか、大阪はどういった対策をしているのでしょうか。今回はご当地グルメをテーマにして考えていきます。

top photo by :Sarunyu L / Shutterstock.com

 

大阪割烹マップ

大阪商工会議所が2016年12月に大阪の食文化と人気食店を紹介する『大阪割烹マップ』を発行しました。2015年にも発行した同マップの改訂版となります。

おもな変更点はQRコード付になったことで、訪日外国人が外国語のぐるなびホームページに簡単にアクセスできるようになりました。ぐるなび外国語版は英語、中国簡体字、中国繁体字、韓国語の4言語に対応しています。このサイトでしか手に入らないクーポンまであり、外国人にとってはうれしいサービスが豊富です。対応言語も日本語併記の英語版に加え、中国語(簡体字)版、韓国語版マップが加わりました。

ぐるなびと大阪市は地域活性化包括連携協定を2016年6月に結んでいます。その提携内容の一つに訪日外国人を市内飲食店に受け入れる為の環境整備の促進があり、外国版ぐるなびとの連携はその一環になります。また訪日外国人を受け入れるためのノウハウをレクチャーすることを目的とした『インバウンド対策セミナー』の開催もしており、増え続ける訪日外国人に対して大阪のご当地グルメを堪能して貰えるよう力を入れてることが分かります。

わさび問題

訪日外国人の受け入れに力を入れている大阪市ではありますが、2016年に残念な事件が起きてしまいました。大阪の市場すし難波店にて外国人客に対して大量のわさびを入れた寿司を提供したところ、ネットで大炎上。『外国人差別だ』、『わさびテロだ』という厳しい意見も日本国内でありました。たしかに外国人はわさびが好きという傾向があり、お店側も外国人に寿司を握る際大量のわさびを求められることが多かったことから自然と量が多くなったと証言しています。

また8年前の観光庁が2008年に発表した資料「多様な食文化・食習慣を有する外国人客への対応マニュアル」によると、中国人客には多めのわさびを提供するほうがいいといった記述もることから、お店側もこの資料を参考にしたのではという意見がネットで見られます。

いずれにせよ接客も効率化を図るばっかりに、わさびを入れる量を確認せずマニュアル通りに大量のわさびを入れてしまったことが問題でしょう。こういった文化のずれでうまれるロスをなくす為にもインバウンド対策は必須と言えます。『Would you like to have wasabi? 』や『how much wasabi should you eat』といった簡単な質問を英語でできるようにするか、注文時に外国人がわさびの量を決められるようなシステムを作るといった工夫が必要になっていきます。

 

外国人に人気のある大阪ご当地グルメ6選

ここで外国人に人気のある大阪ご当地グルメを紹介します。どれもリーズナブルでおいしい事から訪日外国人から人気を集めています。

たこ焼き

 

大阪ミナミには、たこ焼き店が数多くあります。このあたりは、外国人観光客が大勢いる場所なんです。大阪のご当地グルメはいくつかありますが、ミナミを訪れる外国人観光客を見るとたこ焼きを食べている人が一番多いです。店が多くてすぐ買えるという理由以外に、安くておいしいということが挙げられますし、最近は味のバリエーションが増え、柚子のあんかけで味付けをしたものもあります。もう一つ理由を挙げるとしたら、たこ焼きの作り方が独特ということでしょうか。店員がたこ焼きを焼いている姿を興味深そうに観察している外国人観光客をよく見かけます。たこ焼き店は、大阪以外ではあまり見ることはなく、外国人観光客が一番食べている大阪のご当地グルメと言えます。

外国人観光客に人気なのは、たこ焼道楽わなか千日前本店が有名です。大阪ミナミなんばグランド花月のすぐ隣にある老舗のたこ焼き屋さん。早く焼き上げているので、いつも焼きたてを食べることができる人気店。外の生地はカリッ、中はとろとろで香ばしい。特製ソースが程よい甘さ、サラサラしたマヨネーズと名コンビ。青のりがまたピリッと、名脇役の存在感。また、本命のタコがプリプリしていて歯ごたえ十分で最高です。店内のイートインスペースは、たこ焼きを美味しそうに食べている外国人であふれ、しかも、イートインスペースが2階にもあります。他にも、くう心斎橋本店・元祖味穂・甲賀流本店など人気店がズラリ食べ歩きもお奨めです。

twitterの声

 

店舗情報

たこ焼道楽わなか千日前本店

住所:〒542-0075 大阪府大阪市中央区難波千日前11−19
最寄り駅:(地下鉄)日本橋駅から徒歩6分
TEL:06-6631-0127
営業時間:
平日 10:00~23:00
土日祝 8:30~23:00
定休日:年中無休

公式HP:たこ焼き道楽わなか

お好み焼き

 

大阪ご当地グルメといえばタコ焼きですが、外国人観光客にはお好み焼きも人気があります。まずお好み焼きにはキャベツや山芋がたくさん使われているのでヘルシーな食べ物として好まれるようで、外国人にとってはいくらトッピングをしてもカロリーは知れてるでしょと思われています。目の前で店員さんに焼いてもらったり自分でお好み焼き作りに挑戦してみたり、とにかく参加型で楽しめるエンターテインメント性も人気の秘密です。あとはソースで文字や絵をかいてインスタグラムにアップするのも外国人の間で定番になりつつあります。

スペインや中南米には「トルティージャ」と言う食べ物があり、スペインでは「オムレツ」、メキシコでは「薄焼きパン」など、国によってその料理は若干異なるものの、どの国でも卵、もしくは小麦粉を使ってフライパンで焼いたり揚げたりする料理のため、お好み焼きを「特別なソースで味わうトルティージャ」と理解するようです。母国料理によく似たこのお好み焼きに親近感を覚え、喜んで試してくれますが、必ず「美味しい!」と大好評です。目の前の鉄板で焼いたりすると、最後にふりかけるかつお節が熱さでゆらゆら揺れていることに大変驚き、「ダンシング!」と、一同大喜び!お好み焼きは美味しいばかりでなく、その「パフォーマンス」に大ウケしてくれる、外国人観光客におススメの大阪のご当地グルメです。

きじ(お好み焼き店)

きじという大阪の梅田のスカイビルにある店です。度々食べに行くのですが、外国人観光客がちらほら見かけます。大阪のご当地といえばこの店で お好み焼きを鉄板で焼いてくれます。いかそば、豚もやし、もだん焼きなどのお好み焼きをメインにした料理店です。お店に行列ができるほど人気で、行って間違いなく損はしないと断言できます。もだん焼きの食べた感想としては焼きそばときじがとてもマッチングしていて柔らかい触感と豚肉の出汁?が口の中に広がりなんともおいしいです。いかそばの食べた感想としては綺麗ないかを使って焼いており、いかの新鮮な味を味わえます。

twitterの声

店舗情報

きじ本店

住所:〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町9−20 新梅田食堂街 新梅田食道街
最寄り駅:(大阪市営)梅田から徒歩5分
TEL:06-6361-5804
営業時間:11:30~21:30
定休日:日曜日

店舗情報:きじ本店

激安握り寿司

現在、大阪で外国人観光客たちに熱い注目を浴びているご当地グルメが激安握り寿司です。

この激安握り寿司の店舗は大阪の中でも北区の天満駅周辺に集中していて、有名店は連日大行列となっています。そして、その行列の中心となっているのは日本人ではなく、観光で来日した中国人の人達です。

この界隈の寿司店は以前からマスコミなどでもよく取り上げられて、地元の人だけでなく地方から大阪に観光に来た人なども人気だったのですが、ここに外国人が加わり、さらに混雑が激しい状態となっています。外国ではあまり体験できない本格的な握り寿司が格安で食べられる点が、人気の理由となっています。

価格は、少し高めの回転寿司と同じ程度の値段で、職人がちゃんと手で握った寿司を食べることができます。味の方も安いからといって決して悪いものではなく、ちゃんとしたお寿司が出てきます。また、堅苦しい雰囲気でなく、気軽に入りやすいお店が多いことも人気の理由となっています。

twitterの声

店舗情報

すし政 中店

住所:〒530-0041大阪府 大阪市北区 天神橋 5-6-19
最寄り駅:(JR環状線)天満駅から徒歩5分
TEL:050-5590-1767
営業時間:11:10~23:00
ランチタイム11:10~14:30
定休日:月曜日

店舗情報:すし政 中店

551の肉まん

551の蓬莱で販売されている豚まんは大阪のご当地グルメです。たっぷりの玉ねぎ豚肉のジューシーな餡を、甘味のあるしっかりめの皮で包み込んだ豚まんは一度食べたら癖になるお味で、どこへ行くにも手土産として喜ばれる一品。

もちろん一個から購入可能なので、難波の本店前ではキャリーケースを引いた外国人観光客の方が、買ったその場で食している姿もよく見かけます。厚みのある皮でボリューム満点に出来ているため、ビッグサイズが当たり前となっている外国の男性にも満足してもらえるグルメでしょう。

また百貨店のデパ地下にも出店しているので、誰でも気軽に購入できるというのも愛されているポイント。大阪人なら誰もが一度は食べたことのある超有名な豚まんです。

twitterの声

店舗情報

551蓬莱本店

住所:〒556-0016 大阪府大阪市中央区難波3-6-3
最寄り駅:(南海本線)難波駅から徒歩3分
TEL:06-6641-0551
営業時間:11:00〜22:00
定休日:第3火曜日

公式HP:551蓬莱オフィシャルサイト

焼肉

今、大阪で外国人観光客たちに熱い注目を浴びているご当地グルメが焼肉です。大阪の焼肉グルメの中心はこれまで鶴橋だったのですが、最近、ミナミ(難波)エリアに新店舗が続々オープンしたり、鶴橋の有名店がミナミに支店を出したりして、ミナミの焼肉が盛り上がっています。

ミナミの焼肉が盛り上がるっている大きな理由は、関西国際空港から電車に乗れば直通で行ける繁華街という点です。この交通の便の良さが外国人に受けています。また、産地や部位にこだわった独特の日本スタイルの焼肉が外国人には珍しくて喜ばれています。ミナミには焼肉店の大型店舗も多いので、お店の選択肢が多いのも人気の理由です。また、鶴橋は昔から焼肉が盛んなところですが、韓国人の観光客の人もちょくちょく目にします。

鶴橋の場合、お店を経営している人や働いている人も韓国の人が多いのですが、親近感を感じるのかもしれません。鶴橋は大阪にいながら韓国の異国情緒が味わえる点もとても魅力的なスポットとなっています。このように、二つの人気エリアを持つ大阪の焼肉の人気は当分、続きそうです。

twitterの声

店舗情報

肉匠 なか田 本店

住所:大阪府大阪市中央区難波1-7-16 現代こいさんビル5F
最寄り駅:(地下鉄御堂筋線)なんば駅 14番出口から徒歩1分
TEL:050-5872-5709
営業時間:17:00~23:00
定休日:年末年始

店舗情報:肉匠 なか田 本店

 

関連記事

外国人観光客に人気の大阪の観光スポット5選!大阪が注目されている理由に迫る!

お土産店が充実!大阪が誇る外国人に人気のご当地お土産4選

大阪ビジネスパーク(OBP)に外国人が多い!?注目される理由は?

 

 

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.