訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

毎年恒例、外国人観光客にも人気の福袋事情はどんな感じ?

タグ:

日本では当たり前、新年恒例の『福袋』

最近では百貨店なども『福袋』に力を入れており、
「ハズレ」と言われないような福袋作りを行い、
新年の売上げの要となっています。

この『福袋』、実は日本独特の文化であり、
海外ではこのような売り出し方をする国は少ないようです。
2016年に中止となったAppleの福袋も
日本限定で行われていたが、『日本だけお得にApple製品を購入できるのは不公平』
という理由で無くなったとも噂されています。

更に近年訪日外国人観光客が増加している傾向にあり、
年末年始に『福袋』を目的に日本へ訪れる外国人の方も多くいるほど日本の『福袋』は注目されているのです。

福袋の始まり

現代を生きている全ての人は、生まれた時既に福袋が存在していたとは思いますが
その起源について知っている人はいるでしょうか。

福袋の起源について、有力な説が2つあると言われており、

・明治44年の松坂屋説
・明治40年の松屋説

どちらが正しい説なのかハッキリしませんが、
福袋の歴史はそんなに古くないということになります。

お正月に縁起担ぎで何が入っているか分からない福袋を買うという商戦は、
新年の最初に運試しをするという意味合いで広く受け入れられ、
次第に全国の百貨店やデパートへ広まり、販売されるようになりました。

現在の福袋の存在価値とは

もとは店舗で売れ残った商品を集めて、
定価よりも安く提供し、
在庫処分をすることが第一の目的であった『福袋』ですが、
『福袋』は時代と共に大きく変化してきています。

何が入っているのか分からないドキドキとお得感が重なり、
『福袋』を求めて新年から長蛇の列ができるようになったのが1990年頃から。

ここに目をつけ、
『福袋』は在庫処分ではなく新年の目玉商品へと進化していったのです。

売れ残りを福袋で処分するのではなく、
福袋の質がお店の人気を左右するほど大きな存在になりました。

良いものをお得に安く

福袋は時代の流れとともに更に盛り上がりを見せ、
今までは中身の分からなかった福袋の常識を覆すような
中身のネタバレをしている福袋など様々な差別化が行われています。

福袋のために大晦日から列を作る人もいるほどです。

新たな年の始まりにいかに良い物の入った福袋を引き当てることができるか?
ということ以上にどれだけお得な福袋を買えるか?というように変化してきたのかもしれません。

外国人観光客を意識した福袋も

外国人観光客が増えているところに注目し、
百貨店ではターゲットを外国人に絞った福袋の販売も行われました。

Made in Japanの商品だけを集めたMade in Japan福袋
外国人に人気の魔法瓶や炊飯器を入れた家電福袋 など
通常の福袋の売上げに加え、
『爆買い』による更なる売上げ増加を狙ったお店も増えつつあります。

福袋を求める外国人観光客を取り込もうとしているのは、
百貨店に限らず、家電量販店などにも広がっているようです。

年末年始に福袋や初売りを目当てに日本に来る外国人は、
予算を50万円以上と見積もっている人も少なくなく、
高品質な日本の製品が安く買えるこの機会にまとめ買いを来ているのです。

『爆買い』で福袋のありかたに疑問も

純粋に商品を求めているのではなく、転売を目的として福袋を買い占める外国人に疑問の目を向ける人も少なくないよう。

2016年には、列に並んだのに先頭グループにいた人がすべて買占め、他のお客さんに福袋が行き渡らなかったという事態になってしまった場所があり、ニュースやネット上で話題になりました。

転売目的で買占めを行ったのは外国人だけではないですが…
本来の福袋の楽しみ方を無視した購入客には色んな意見が飛び交います。

 

 

外国人の方にも評価が高い『福袋』って日本の誇れる文化のひとつだよね!とのんきな感想を抱いていましたが、
転売を目的に買い占められてしまったら、本来の購入層である純粋に福袋を楽しみたい人に行き渡らなくなります。
誰かのお金儲けのための手段のひとつになってしまうのはとても悲しいことです…。

 

買占めの問題はそれぞれの店が個数制限をすれば緩和されそうです。
しかし、せっかく「福袋」が外国人にウケているということなのでこれを活かしてもっと外国人の方に喜んでもらえるようなサービスが生まれるといいなと思うばかりです。

福袋だけではなく国内の様々なイベントで

年始の福袋を始めとして、1年を通して日本各地で開催されるイベントにこれから更に多く参加することになるであろう
外国人観光客

彼ら彼女らに日本の良さをアピールすると伴に、また日本に来たいと思ってもらえるようなサービスを提供していかなければなりません。
私たち、拝啓世界様は外国人観光客の集客にお困りの会社様をサポートしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。