訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

外国人インターンシップの6つの心得

2017年01月13日

タグ:

 

87d8bd81bfa67be6197ef62a1778a82f_s

現在日本は、外国人留学生が年々と増加してきています。企業でも外国人向けのインターンなどを実施して有望な人材集めを推奨している所が多くなっています。

国内の市場が小さくなっているため、海外事業を拡大していますが、外国人の活用方法が進んでいないのが現状です。現在経済産業省が日本企業に向けて若手の外国人インターンシップの実施を呼びかけています。

 

外国人インターン受け入れ

b287cae376909a1001323c8f1f655e21_s

日本の企業で、外国人留学生のインターンシップを受け入れる時には、就労ビザなどいくつか注意点があります。インターンシップには、条件があって、一年未満で活動をしなければならなくて、前回働いていた就業期間も含めなければいけません。

無給か有給によっても、ビザの種類が変わってきます。外国人留学生を受け入れることで、日本語だけでなくその他の言語を使用することができます。そのほかにも異国の文化を知ることによって、今後の業務でも生かすことができます。

 

外国人インターンの出身国

a19b043feb5444666e307f7df0b03254_s日本にいる外国人留学生のインターンで多く見られるのは、アジア圏の人々が大半を占めています。

現在日本企業は、アジア圏に支社を持っている事が多く、ベトナムや中国に展開しています。

 

就労ビザ

eae06b82b00d098881d3e334b8fbb4e3_s

日本で、外国人留学生をが働くためには、就労ビザが必要になってきます。エンジニアなどの技術職~会社経営まで幅広い職業が、就労ビザが必要になります。

外国人のインターンをした時に、会社から居住費や交通費などのみの場合で、90日間以上の時は「文化活動ビザ」になり、以下の場合は就労ビザは必要ありません。会社で報酬をもらう場合は、「特定活動ビザ」が必要になります。

 

インターンシップの定義

df4ade7968a34421e2d7f01ff920b96e_s

インターンシップは、基本的には研修なので会社の業務や顧客対応などは、やらせてはいけません。

業務として行うのであれば労働基準法などが適応されます。その場合は、最低賃金を支払う必要があります。

 

外国人インターン対応

779129f735ba867ef8d126a9c4345f66_s

外国人インターンを受け入れる際、会社でも受け入れる体制を整えなければなりません。日本語があまり話せない外国人の場合は、社員が英語を学びスキルアップさせるなど、対応策をとる必要があります。

社員が英語力を向上することで、企業としてもグローバル化を図ることができます。外国の文化を知ることで、幅広い視野で物事を考えることができます。

 

外国人インターンに人気企業

8a591a036f4d7b3d2e7c9d093d0c2fb7_s外国人インターンに人気のある業種は、IT会社・商社・自動車関係などで、職場の雰囲気が良く、将来性がある企業です。

その中でも大手企業などが人気があって、安定を求めていることがわかります。

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.