訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

兵庫県の外国人観光客が集まる観光スポット5選!「神戸は訪日客に不人気」は本当なのか?

タグ:

兵庫県の中心である神戸が外国人観光客の誘致に苦戦しているというニュースが報じられたことがあります。

「神戸は知ってるけど、せっかくの日本なのにわざわざ行こうと思う観光地が少ない」「日本文化に触れたくてはるばるやってくるのだから異国人館、南京町は避けられる」など、一部ではネガティブな見解があるのは否定できません。

しかし、実際の外国人観光客数は、全国的にみて多い方なのです。観光庁の発表している都道府県別外国人延べ宿泊者数によると、上位15位以内にはランクイン、平成27年には過去最多の100万人を超えており、外国人観光客は大幅に増加しています。

【兵庫県の外国人延べ宿泊者数】
平成25年 51万人
平成26年 70万人
平成27年 121万人

他の好調な都道府県に比べ、神戸の外国人観光客数の伸び率が想定よりも少なかったというだけで全体としては「外国人観光客に人気がない」というレッテルを貼るには値しない、というのが本当のところです。

兵庫県全体で見ると平成28年に外国人観光客数100万人越えの目標を掲げていましたが、それよりも1年早くこの数字を達成しています。

兵庫県のインバウンド対策

兵庫県では、他地域と連携した観光ルートのPR、観光案内の多言語表記など、外国人の受け入れ体制の整備を開始しました。

兵庫県を訪れる外国人観光客は、韓国、台湾、中国、香港、米国が大半です。この5大市場に対して積極的なプロモーション活動をすすめ、誘致拡大を目指しています。

特にタイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ベトナムなどの東南アジア諸国は経済成長を背景に海外旅行需要が大幅に伸びている地域。ビザ発給の緩和、LCCの普及も追い風となっているので、集中的にプロモーションをしていく画策です。

さらには、欧州、オーストラリア、ブラジルなど、市場拡大が狙える地域への認知拡大に向けても取り組みを開始しています。

近隣府県とのツアー企画

外国人観光客の多い大阪府、京都府、広島県の近隣に位置している兵庫県は、外国人観光客が集まっていることを活かし、連携した外国人観光客の拡大に繋がるためのツアー企画の促進を行っています。

魅力的と思うツアーはもちろん、イベントの認知も進めていくことで外国人観光客をさらに呼び込む狙いです。

【外国人観光客誘致のためのツアー例】
・ナイトアミューズメント
・イルミネーション
・夜景
・花火大会
・農村、集落体験
・温泉など

大阪、京都などのゴールデンルートとの差を埋めていくことが、今後の兵庫県の課題です。

兵庫県をおとずれる外国人観光客に人気のスポット

六甲

兵庫県神戸市の北側に帯状に広がる六甲山系の山々全体を指して「六甲」といいます。

六甲の中でも特に有名なのが、『六甲山』と『摩耶山』です。このふたつの山は少し離れていますが、山頂から山頂まで舗装道路が整備されていて、山頂間を結んで走る六甲山頂循環バスで移動ができます。

ロープウェー沿線には、オルゴールミュージアム、日本最大級のハーブ園、六甲山スノーパークや六甲高山植物園など家族で楽しめる施設があります。ロープウェーに乗りながら自然の景色も観光も楽しめます。

六甲山牧場では120頭の羊が放し飼いされており、触れ合うことができ休日になるとたくさんの家族でにぎわっています。

冬になればスノーパークという人口スキー場もあり、少し狭いですがスキーだけでなくスノーボードも楽しめます。

摩耶山の山頂には、日本三大夜景と言われる神戸の夜景が楽しめる『掬星台』があります。

日本三大夜景のひとつとして1000万ドルの夜景といわれており、兵庫県に行ったら外すことのできない目玉スポットとなっています。

twitterからの声

 

 

南京町

南京町は神戸市中央区の中心地にあり、JR・阪神電車の元町駅から歩いて3分ほどで到着します。横浜、長崎の中華街ともに日本三大チャイナタウンのひとつです。横浜の中華街ほどの広さはないですが、異国情緒のある神戸でも中国の商店街の雰囲気がある街並みは、一度足を運ぶ価値のある場所。毎日たくさんの観光客でにぎわっています。
最寄りの駅であるJR元町駅を出ると、独特の香りが漂ってきます。電車のアクセス以外に、神戸の観光名所を通るおしゃれなバスも通っています。歩いてすぐ近くに、古くから栄えていた神戸港もあり、船で観光に来る人もたくさんいます。交通のアクセスの良さも、観光客に好まれる理由です。

船の汽笛を聞きながら、赤を基調としたおしゃれな南京町を歩き、おいしい料理を食べる、とてもすてきな時間になります。

twitterからの声

アクセス情報

JR神戸線・阪神電車『元町駅』徒歩約5分

 

 

姫路城

兵庫県が誇る、姫路城。

45年ぶり5年半の大改修を終えた姫路城。大改修前から天を舞う白鷺の様なお城ではありましたが、さらに美しく大きく空を羽ばたくとても素晴らしいお城に生まれ変わりました。

平成5年には世界文化遺産としても登録されました。その理由は、木造建築の最高峰とされる美的完成度と天守閣から土塀に至るまでのあらゆる建造物の保存状態の良さとされています。姫路城はその400年の歴史の中で、戦火に燃えることなく「不戦・不焼の白」として、変わることなくそこに佇んでいる姫路のシンボルです。しかし戦時下ではあまりに白く目立ちました。そのため、爆撃を受けることを懸念した市民が、城に黒い布をかけ爆撃から守ったという話もあり、いかに市民から愛され守り抜かれてきたかを知ることができます。

怪談「播州皿屋敷」に出てくる「お菊井戸」や宮本武蔵が城に出ると言われる妖怪を退治した話などの伝説があります。また姫路城付近にある姫路本町は、井原西鶴・近松門左衛門の小説・戯曲で知られる「お夏・清十郎」の舞台となっているなど、文化的にも楽しむことができます。

因みに大改修以降、市民からは白鷺城(※姫路城の別名)ならぬ「白ずぎ城」と言わていますが、この白は建築当初を再現した漆喰の色で、屋根の瓦の間に塗っているからなのだそうです。漆喰はカビの繁殖や汚れで少しずつ黒くなっていくとのこと。防カビ剤を塗布してはいますが、あと改修後4~5年もすれば黒くなってくるそうなので、今の「白すぎ城」は貴重ですね。

春には桜が咲き、兵庫県を代表する花火スポットになります。

姫路城は、兵庫県の外国人観光客の誘致において、重要なスポットです。改修を追えた機会に合わせて、外国人観光客に向けた英語版アプリの公開、多言語案内表示、Wi-Fi環境の整備が行われました。

アクセス情報

住所:兵庫県姫路市本町68
電話番号:079-285-1146

 

北野異人館街

明治時代から大正時代にかけて建てられた、欧米人が住んでいた西洋館の街です。風見鶏の館や、うろこの家など様々な建物があります。

「外国人は日本に来てわざわざ北野異人館街には行かない」と一部では言われていますが、アジアの外国人観光客には人気のスポットです。


レトロで可愛いと日本人にも人気のスターバックス神戸北野異人館店。ここも外国人観光客が多いです。

twitterからの声

アクセス情報

住所:兵庫県神戸市中央区山本通
電話番号:078-251-8360(北野観光案内所)

 

 

明石海峡大橋

明石海峡大橋は神戸市垂水区東舞子町と淡路氏岩屋を繋いだ橋で世界最長の吊り橋です。全長3911メートルでギネス記録にも認定されています。

神戸市と淡路氏の象徴的な建築物であり車でドライブすると港町神戸市と淡路市の漁港や自然が見渡せて地元や観光客にも人気の観光スポットです。

また、夜には美しくライトアップされていて神戸市では人気の夜景スポットでもあります。照明は季節や日時によって変えられていて平日は23時まで、土曜、日曜は24時までライトアップされています。

ツアーでは塔頂に上ることができ、海上約300メートルから景色を眺められます。天気のいい日には関西空港や小豆島まで見渡せます。

twitterからの声

アクセス情報

住所:兵庫県神戸市垂水区東舞子町

 

 

竹田城跡

雲海に浮かび上がる竹田城跡。雲海の中に城が浮かび上がったようにみえ、”天空の城”、“日本のマチュピチュ”として海外メディアで注目されたことがきっかけで外国人観光客が増えました。

雲海に浮かぶ竹田城の美しさはもちろんですが、雲海、町を見下ろすのもまた壮観です。

日本の城は、外国人観光客に人気のスポットです。中でも異彩な魅力を放つ竹田城跡は、特別注目されています。

アクセス情報

住所:兵庫県朝来市和田山町竹田古城山169番地
電話番号:079-674-2120

 


 

外国人観光客の増加に伴い、東京、大阪、京都、富士山などの王道ルートだけではなく地方にも目が向けられるようになりました。日本の城~ロマンチックな夜景、温泉、大自然まで堪能できる兵庫県は、これからますます注目されるに違いありません。

ここまで述べてきたことで分かるように、日本には多くの外国人観光客が訪れています。

そのなかでもこれから増加の一途を辿るであろうアジア圏に対してビジネスを展開しようとしている方々を、私たち拝啓世界様がサポートいたします。

主にウェブサイトの翻訳、リスティング広告の代行運用などを中心に行っています。詳しくはこちら

もし外国人観光客に対するウェブマーケティングでお困りの方はお気軽に下記のお問い合わせボタンからご相談ください。

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.