訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

人生が変わる!?メキシコ移住に役立つ不動産事情

2017年01月30日

タグ:

メキシコに住むことになった!なぜ住むことになるのか事情はそれぞれだと思います。会社からの命令という人、メキシコ文化に惹かれて住みたくなった人、メキシコ人と結婚してなどさまざまでしょう。ここでは簡単にメキシコで賃貸の探し方、土地を買って一軒屋を立てる人向けに役立つ情報をまとめてみました。

賃貸の場合

会社からの命令でメキシコに駐在する場合、会社を通して不動産を紹介してもらえることが多いです。ただ個人的な目的の場合自分の力で物件を探し、現地の人と契約をしなくてはいけません。

英語は通じない人も多い為スペイン語でやり取りしなくてはいけないためメキシコで賃貸を探すのはハードルが高いと感じるかもしれません。

住居を決めるのに抑えるべき4つのポイント

1.治安

まずは安全性を第一に考える必要があります。麻薬組織の存在などメキシコの治安の悪さは有名ですがエリアによってまったく違うので事前に調べておくことをすすめます。治安の悪い場所に住む場合は物件の種類をよりセキュリティの高いものを選ぶ必要があります。

警備の人数を増やしたことにより以前よりだいぶ治安がよくなった「メキシコシティ」をはじめ、改善は見られるものの踏み入れることすら危険の州もまだまだあります。チワワ州やミチョアカン州、ハリスコ州は特に治安が悪いことで有名なので避けた方が無難です。

また一階の部屋は避け、できれば三階以上の部屋をとるべきです。とにかくセキュリティー関連には最新の注意を払わなくてはいけません。

2.賃貸の探し方

駐在するなら前任者の紹介が確実ですし、もし現地にコネがあるならそこを頼るのもいいでしょう。スペイン語に自身がない人は日本人が経営する不動産屋もあります。スペイン語が喋れるなら、自分の足を使って物件を探すのもおすすめです。メキシコで賃貸を探す場合この方法がメジャーとなっています。

住みたい地域で歩き回ると、RENTA(賃貸)とかVENTA(購入)と書かれた張り紙が貼ってある物件が見つかることがあります。その下に電話番号があるので直接交渉してみてください。または新聞で物件情報探すのもありです。

おすすめメキシコ不動産サイト

ここで日本語で対応しているおすすめの不動産サイトを紹介します。ただ気をつけなくてはいけないのは日本のように、不動産屋を通して見つかる物件は家賃が高いといことです。それだけは念頭に入れたほうがいいでしょう。

公式HPリダック不動産

アメリカの会社「リロ・ ホールディング」の子会社にあたる日系会社のリッダク不動産はニューヨークやボストンといったアメリカ各地とメキシコにオフィスを構えています。日本語、スペイン語のバイリンガルが電話口でも待機しているので安心して不動産の問い合わせができるのでおすすめです。

公式HPセンチュリー21

いわずと知れた世界最大級の不動産ネットワークを誇る会社です。こちらはメキシコ支店です。サイトも日本語対応となっていますが、スタッフが日本語を喋れるかはわかりません。

公式HP:starts mexico

日本のみならず世界中に支社がある不動産会社です。日本語対応サイトですし、日本語が喋れるスタッフも在籍してます。またメキシコの不動産は家具なしの物件も多いのですが、スターツでは家具のレンタルもしてくれます。

ニッケイ不動産 tel(55)5575-5701

ジャパン・クラブ tel(55)5514-1277

上記2社はホームページは無いものの、共に日本語が通じる不動産なので安心ができます。

 

3.居住タイプ

メキシコの住居タイプは

●アパート・マンション

●プリバダ

●長期滞在向けホテル

●ゴルフ場併設タイプ

●シェアハウス

などいろいろありますが、大概はアパート・マンションタイプかシェアハウスを選ぶのが一般的です。家賃は勿論ピンきりではありますが本当に安いタイプなら1500ペソ(日本円で8000円程度)で借りられます。

また賃貸は家具つきタイプと家具なしタイプがあります。日本に付いてすぐに落ち着きたいと考えるのでしたら当然家具つきになるでしょう。勿論金額は家具つきの方が高くなります。

4.契約

契約に関してはオーナーによって必要な書類は変わってきます。また物件によってはAVAL(保証人)が必要になることがあります。メキシコに来て間もない場合保証人を探すのも大変なのでAVAL無しの物件を探しましょう。またメキシコには礼金がありませんが一ヶ月分の敷金と一ヶ月の家賃を払う事が主流となっています。

契約書に関しては当然日本語訳されてるわけでもなくすべてスペイン語です。こちらも語学に自信が無いのでしたら、スペイン語が喋れる知人に立ち会ってもらうことをおすすめします。それが後におこるトラブルの回避につながります。

 

土地の購入

外国人である私たちがメキシコで土地を買うためには知らなければいけない法律があります。

メキシコには規制地域があり、国境線から100キロ以内、海岸線から50キロ以内がそれにあたります。その規制地域内で住居目的での土地購入は認められておりません。ですが規制地域外なら外国人であっても不動産を買うことが可能です。

 まとめ

以上簡単にですが、メキシコで住居を決めるまでの流れを中心にメキシコの不動産についてまとめてみました。しつこいようですがメキシコの治安は回復しつつありますがまだまだ油断はできない状況だということを忘れてはいけません。必ずセキュリティー面は手を抜かずにしましょう。

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.