訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

中国のITが進化し続けている理由とは?2020年には世界最大になる!

2017年08月23日

タグ:,

中国の大手IT企業

百度(Baidu)

 

百度(バイドゥ)は中国でインターネットの検索サイトの提供をしている会社でGoogleの次にシェア率を誇っています。本社は北京にあり中国でのシェア率は75%を誇っています。

世界では、あまり名前が知られていませんが、中国圏内ではほとんどの人がこの企業の名前を知っています。

CEOは李彦宏(り げんこう)で現在では自動運転技術の開発に力を注いでおり、北京「AI開発者大会」を開催していて現在の自動運転技術の進行状況を明かしました。

 

騰訊(Tencent)

騰訊(テンセント)はアジアで最も大きいIT系企業で人気のメッセンジャーアプリの「WeChat」を作っている会社です。

SNSなどの事業だけでなくゲーム関連(クラッシュ・オブ・クランなど)の事業も行っていて、アプリの収益は世界で1位になっています。BloombergTechnologyの情報によると時価総額は約30兆8100億円と上昇傾向にあるとのことです。

 

阿里巴巴(Alibaba)

阿里巴巴(アリババ)は情報・通信事業を行っている会社で本社は中国の杭州にあります。企業電子商取引のマッチングサイトで成功を収めて会社が大きくなりました。

世界の時価総額のランキングでは第7位の391.92($10億)となっています。2017年の決済でも利益がアップして、ネットショッピングのユーザー数は中国の3人に1人が使っているほど上昇しました。

またアリババグループの新しいサービスのモバイル決済サービスは中国国内でも半数の使用率になっていて、日本にも上陸していて大手コンビニチェーンのローソンではすでに導入しています。

 

小米(xiaomi)

小米(xiaomi)は中国を代表する家電メーカーの1つでスマートフォン事業ではトップ5に入っている。現在では、中国のIoT化に向けたスマート家電の販売や開発を行っています。

現在の中国IT産業

キャッシュレス社会

現在の中国は現金でのやり取りではなく、モバイル決済などが主流になってきている。デパート・配車サービス・出店までもが電子決済によるキャッシュレスになっています。

そしてのIoT普及によってスマートフォン1つで様々な事ができて、中国のシェアバイクで有名な「モバイク」「ofo」もアプリをダウンロードして決済の登録をするだけで簡単に自転車を借りることができます。

日本も2020のオリンピックに向けてキャッシュレス化を進めていて様々な起業が電子決済システムを導入してきています。

 

IoTが急成長

中国の経済は現在IoTに支えられているといっても過言ではありません。

町全体をIoT化するスマートシティの系格なども行っていて、水道・電気などの公共のものはもちろん医療や食事もIoTにする計画が進んでいます。

中国は「五ヵ年計画」を行いIoT事業を政府のバックアップの元、運営を行っていて、まだまだ経済成長の加速が見込まれています。

 

中国ITエンジニア

日本のエンジニアよりもコストが掛からない

現在中国に海外の大手IT系企業が一斉に進出してきたのかというと、環境ももちろんの事エンジニアなどの技術職の人材のコストが低いからです。そして中国のエンジニアは優秀な人材が多く幅広い知識を持っている人が多いです。

例えば日本人が100万円の月収があるとすれば、中国ではその半分で雇うことができます。またその反面で、中国では日本のエンジニアを高額な給料でも良いから働いてもらいたいという所も多いです。

その理由としては、日本の技術力と性格が上げられていて責任感が強く日本ならではの丁寧な仕事が評価されています。

深圳で起業

中国にある深圳はアメリカのシリコンバレーと言われていて、世界中の大手企業が集結して、開発や製造を行っています。なぜ深圳で起業するのかというと資金を集めやすいということと回りに工場があるため開発がしやすい環境にあるためだからです。

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.