訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

世界最小のNB-IoTモジュール!ついに開発が始まった!

タグ:,

NB-IoTモジュールとは?

NB-IoTとは、Narrow Band IoTの略で低速のデータ通信のLTEでIoT向けに作られた低電力のネットワークです。また現在中国のスマートシティ化に伴い、NB-IoTモジュールが多様化・開発されてきています。

そして中国で定着しつつあるバイクシェア事業のMobike(モバイク)などはNB-IoTのチップを搭載していて簡単に利用することができます。

世界最小NB-IoTモジュールの開発

台湾MediaTek社は、自社初となるNB-IoT対応システムオンチップ(SoC)の新らしいチップセット「MT2625」を2017年6月29日に発表しました。それと同時にChina Mobileとの提携し、チップセットの周りに世界最小のNB-IoTモジュール(16mm×18mm)を開発することを発表しました。

MediaTekの新しい超低消費電力MT2625 SoCは、スマートホームのコントロール、ロジスティクストラッキング(物流管理、追跡)、スマートメーターなど幅広いIoTアプリケーション対応に開発され、3GPP R13(NB1)およびR14(NB2)規格の全周波数帯域(450MHz〜2.1GHz)をサポートします。

Low-Power Wide-Area(低電力ワイドエリア)

2G、3G、4Gなどの既存の携帯電話ネットワークでは、数十億単位のIoTデバイスのニーズを満たすことができないため、世界中の接続ニーズの増加に答えるために、この低電力ワイドエリアLow-Power Wide-Area(LPWA)ネットワークが開発されました。MediaTekは、大規模な接続をサポートし、機器の複雑さを軽減し、バッテリーの寿命を延ばすため消費電力を最小限に抑えるように設計されたNB-IoTの3GPP LPWA仕様の策定と実装を推進する重要な会社です。

「LPWAは、IoTの真の可能性を発揮することができ、大きな市場機会を提供する力を持っています」とMediaTekのコーポレートバイスプレジデント兼ホームエンターテイメント事業グループのゼネラルマネージャー、Jerry Yuは述べています。 「MediaTekは業界初で全周波数帯域をサポートする3GPP NB-IoT標準の製品を提供し、世界市場の需要を満たすためにNB-IoT技術への投資を継続していくつもりです。

MediaTekは、高度に統合された低電力かつ堅牢な接続技術を長年にわたって提供し、IoTソフトウェアとハードウェアの全面開発プラットフォームを持ち、あらゆる規模の開発者やデバイスメーカーが革新的なNB-IoTデバイスを迅速に市場投入できるように努力しています。

コスト削減

MT2625は、MediaTekの初のNB-IoTチップセットで、コスト重視かつ小型IoTデバイスの要件を満たす設計となっています。高度に統合されたMT2625は、ARM®Cortex®-Mマイクロコントローラ(MCU)、擬似スタティックRAM(PSRAM)、フラッシュメモリ、パワーマネジメントユニット(PMU)を組み合わせて、小型パッケージに作られたため、コストの軽減と市場参入のスピード加速できるように製造されています。このチップはMediaTekの高度な消費電力技術を活用して、充電可能なバッテリーで長期間使用することができるIoTデバイスです。

中国における巨大な成長機会を活用できるように、MediaTekとChina Mobileは、MediaTekのMT2625 SoCをベースにした業界最小のNB-IoTモジュールを共同開発しました。

このモジュールはChina MobileのeSIMカードと統合されており、China MobileのIoTオープンプラットフォームOneNETをサポートしています。こうすることにより、デバイスメーカーがより簡単に革新的なNB-IoTデバイスを迅速に開発し、市場に投入することができます。

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.