訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

PAGE TOP

世界最大の電気街「深圳」が急成長した訳とは!?

タグ:

深圳とは

深圳は中国の東に位置している現在最も発展している都市の1つで世界最大の電気街となっています。人口が2016年時点で1191万人で香港と隣接している区域となっています。また経済都市となっている深圳はビルが連なっていて発展していることがよく分かります。元々は海に近いため、漁村として知られていましたが国内企業や外国企業が増えていったためビルが多くなりました。深圳に進出する人は若い世代が大半を占めているため高齢者層が少ないです。

中国の「シリコンバレー」言われる理由

深圳はスタートアップ企業や工場が集結しているため「中国のシリコンバレー」とも呼ばれていて、開発力は世界屈指とも言われています。また現在の深圳はアメリカのシリコンバレーよりも開発が先を行っているとも言われていて、主にIOTやAIなどの産業が進んでいます。

急成長した理由

深圳は海外からスタートアップをしたいという企業が増えて新しい開発(モノづくり)が増えています。その中でも成長スピードが早い産業はドローン・AI・IoTの分野となっています。また工場が近くにあるため、すぐに部品などを取り寄せることができるので製品が作りやすい環境になっています。そして投資してくれる機関が多いため、資金を集めやすいというのも理由の1つとなっています。中国政府は深圳の経済に革新(イノベーション)を起こせる人材を集めるために資金を投資して、より優れた人材を確保しようとしています。

スマートシティ計画

深圳ではIoTやAIを活用して街全体をスマートシティするという計画が進められています。水道にスマートメーターを設置したり、交通から教育まで様々な公共サービスがスマート化されます。ドバイでもスマートシティ化が進んでいてIoT企業がスタートアップしているところが多くなってきています。また街中でもwifiスポットが増えてきて、交通面では電気自動車を利用するなど人と環境にとても良い影響を与える街にする取り組みがされています。

深圳企業

深圳には中国国内のみならず外国からの大手企業もどんどん進出してきています。主に進出してきている企業の分野はAI・IOT・ITなどの分野が続々とスタートアップをしてきています。深圳は中国の大手企業の騰訊(テンセント)・阿里巴巴(アリババ)・百度(バイドゥ)・HUAWEI(ファーウェイ)などが進出していて、工場なども周辺にあるので開発がしやすいためだと考えられます。

深圳工場

深圳の工場はロボット化されてきていて一体のロボットで数十人分もの仕事をこなしてしまいます。そのため人件費を節約する事ができてより効率よく製品を作れるようになっています。