訪日外国人観光客集客情報サイト【拝啓世界様】

世界初のスマート・ウォーター・プロジェクトが発表!

タグ:

深センで世界初のNB-IoT技術を利用した商用スマート・ウォーター・プロジェクトが正式に発表。

中国のニュースサイト(chinanews.com)の記事によると、世界初のNB-IoT技術を利用した商用スマート・ウォーター・プロジェクトの発表会が2017年3月22日に深センで行われました。
このイベントの開催に付き、NB-IoT技術を利用した水道事業が正式に商用化され、それと同時に、モノのインターネット業界やスマートシティ開発のためのグローバルなベンチマークとして模範的な役割を果たしています。

このNB-のIoT技術のスマート水道メーターが電気通信ネットワークを介して、深センにある水道のビッグデータ管理プラットフォームに接続し、水道メーターのデータを集めオンラインモニタリング、ビッグデータ分析、給水情報の応用などに実現が可能になりました。

現在、深圳塩田区にある南方明珠花園をはじめとして、福田区の景田北などのコミュニティで、約1200台の応用が成功しています。

2016年5月に、チャイナ・テレコム(中国電信)の深セン支社、深セン水務グループと民間企業HUAWEI(ファーウェイ)が、「スマート・ウォーター・プロジェクトの協力枠組み協定」を締結し、9月には、第一段階のNB-IoTベータ版水道メーターのインストールテストを行って、スマート水道工事の新しい知恵を共に探求しました。

NB-IoTスマート水道メーターをパイロットプロジェクトとし、新しい運営モードの「インターネット+スマート・ウォーター」を作成しました。そして約一年間の試験では、100%のデータアップロードレートに達成しました。

スマート・ウォーターはメーター検針、ネットワーク検出に適用し、パイプラインのリークやメーター検針時の誤読、申告漏れなどによるロスを軽減し、かつ大幅に運用コストの削減に携わっています。

メーターの中にNB-IoTカードを配置することにより、端末アクセスとバックホールデータを達成し、お宅訪問なしでユーザーのメーター検針データが情報サービスプラットフォームにリアルタイムに伝送できます。
2016年の初めから、チャイナ・テレコム(中国電信)がネットワークのアップグレードを大規模に行い、800MベースのNB-IoTネットワークを準備し、2017年6月を目処に全国に展開する予定です。その中、深セン市で500台以上の基地局の展開が完了し、5月に深セン市を全面カバーできるように進んでいます。

通信部門により、NB-IoTの建設と運営で中国テレコム業界を業界最前線に推進しNB-IoTの産業の産業経済、大規模開発を促進します。

sorce:https://prtimes.jp/

お電話でのご相談お問い合わせはコチラ

メールでのご相談お問い合わせはコチラ

Copyright(c) 2015 拝啓世界様で訪日外国人観光客の集客を All Rights Reserved.