メキシコの交通機関を7つ紹介!快適な移動をしよう!

Byelikova Oksana / Shutterstock.com

 

メキシコシティーの交通機関は、地下鉄・バス・タクシーなどが所々にあってお手軽に利用することができます。

少し距離があるところや歩くのが苦手な人は、利用してみましょう。これから紹介するメキシコの交通機関を使えば、日常生活が便利になります。是非読んで見て下さい。

便利にメキシコの交通機関を使いこなそう!

photopixel / Shutterstock.com

 

メキシコの交通機関は、大きく分けると7つあります。バスや電車は安く乗れるため、地元の方々も良く利用します。しかし治安が悪いところや時間によってはスリなどの犯罪もあるので、注意して利用しましょう。これからそんなメキシコの交通機関をご紹介します。

 

地下鉄

tateyama / Shutterstock.com

メキシコシティーの地下鉄は、線路が12あり、駅の数は195駅あります。値段も安く、駅ごとに特徴を捉えたシンボルマークが施されているので、わかりやすくなっています。日本のように構内にはトイレがないので気をつけましょう。

【料金】
1回5ペソ(日本円で25円)
5才未満/60才以上/障がい者は無料。
学生/女性/失業者は3ペソ
プリペイドカード発行料金10ペソ
最大620ペソまでチャージできます。改札を出なければ何度でも乗換えが可能です。

 

【運行時間】
月曜日~金曜日5時~24時
土曜日6時~24時
日曜日・祝日7時~24時

 

【利用方法】
TAQUILLAというチケット売り場があるので、そこで切符やプリペイドカードを購入することができます。

日本の用に自動改札機になっていて、チケットを通すか、プリペイドの場合は、読み取り専用の機会にかざすと通れるようになります。

挿入した際のチケットは、出てこなく、下車時はチケットが不要となります。

 

【路面電車】
こちらのメキシコの交通機関は、Tasquena駅からxochimilco駅の計18駅の区間まで結んでいる路面電車です。世界遺産のソチミルコなどの南側に行く際に便利となっています。

 

【料金】

1回3ペソ

 

【運行時間】
始発5時~最終電車24時

 

【利用方法】
専用窓口でチケットを購入で地下鉄同様に改札を通ります。

 

【メトロブス】

tateyama / Shutterstock.com

 

こちらのメキシコの交通機関は、メトロブスと呼ばれる赤いバスで1~3両編成になっています。バスの中は比較的きれいで、快適に乗ることができます。

 

メキシコシティ内を走っていて、全部で6路線あります。専用の道路を通るため、渋滞の心配がありません。運行本数も頻繁に出ていて、各駅に監視カメラや警察を配備しているので安心できます。

【料金】
1回6ペソ
空港ターミナル行き30ペソ
2時間以内は乗り換え無料

 

【運行時間】
始発4時30分~最終便24時

 

【利用方法】
格停車駅の近くにある販売機でカードを購入かプリペイドにチャージします。おつりは、出てこないので注意しましょう。日本のようにボタンで停車するのではなく、全駅に停車するようになっています。停車駅は知らせてくれないので、自分で駅名などを確認して降りるようにしましょう。

 

長距離バス

 

こちらのメキシコの交通機関は、他の州に行く際に使われることが多い長距離バスです。座席には階級があって1級などは、映画を見ることができたりトイレが完備されています。

座席もリクライニングシートで快適な旅ができます。東西南北に長距離バスターミナルがあり、様々な路線のバスが停車しています。

約1時間~2時間で1本バスが出ています。2等以下のバスは、安全性が少ないので、気をつけましょう。

 

 

【料金】
路線や階級によって値段が様々
ターミナル窓口/ウェブサイトから購入可能

 

【利用方法】
窓口で行き先、階級を伝えてパスポートを見せて自分の名前を伝えます。賃金を払ってチケットを受け取ったら、指定のゲートまで行き、セキュリティーチェックを受けて乗車します。

 

タクシー

tateyama / Shutterstock.com

 

こちらのメキシコの交通機関は、メキシコのタクシーです。種類は5種類あります。

・流しのタクシー(否公認)
・シティオタクシー(公認)
・ラジオタクシー(無線タクシー)
・ホテル専用タクシー
・空港タクシー

 

【注意】

上の行から下の行まで段々に値段が上がります。しかし流しタクシーは値段は安いが、トラブルが多くお勧めはできません。

夜間の使用も避けたほうが良いです。通常のタクシーでは後部座席の窓に身分証明を張ってあるので確認しましょう。張ってない場合は、乗らないほうが良いです。

 

【料金】
流しのタクシー(初乗り:8.74ペソ)
シティオタクシー(初乗り:13.10ペソ)
ラジオタクシー(初乗り:27.30)

 

【利用方法】
流しタクシーの場合は、日本でも同様で手を上げて止めます。このとき行き先は、しっかりと伝えてできるだけ、大通りを使うように伝えてください。

 

シティオタクシーは、タクシー乗り場を探して、待機している人に、行きたい場所を言えば、乗車できるタクシーまで案内してくれます。

 

ラジオタクシーは、車の種類が沢山あって、電話をして乗り場・目的地を伝えます。伝えると到着時間やタクシーのナンバープレートなどの情報を教えてくれます。

 

ミクロボス

posztos / Shutterstock.com

 

こちらのメキシコの交通機関は、ミクロブスというミニバスが所々で走っていて、行き先はフロントガラスに書いています。

 

乗車するときに運転手に行き先を言うと、料金を提示してくれます。距離にもよりますが、基本的には5ペソ以内で収まります。

 

こちらのバスは、交通事故や強盗などのトラブルがあるので、注意しましょう。

 

【料金 】
3ペソ~5ペ

 

レンタルサイクル

tateyama / Shutterstock.com

 

こちらのメキシコの交通機関は、レンタルサイクルです。メキシコの政府が2010年から導入したサービスで、約444ヵ所にステーションがあって自転車の台数は、約6000台導入しています。

 

契約期間が選ぶことができて、1年・7日・3日1日のどれかを選んで契約します。専用のカードを受け取りステーションにあるカード読み取り機にかざして自転車を借りることができます。

 

無料で借りれる時間は、45分間で一度返却して10分の休憩が必要になります。休憩をしたらまた再度使うことができます。

 

【料金】
1年契約 400ペソ
7日間 300ペソ
3日間 180ペソ
1日  90ペソ

45分間は無料ですが15分の延長で10ペソ、その後一時間おきに35ペソ、24時間返却がない場合5000ペソとなります。

 

【利用方法】
はじめに自転車のステーションの位置がわかる地図をもらい、近くのステーションを探します。常備されている機械にカードをかざすと、利用可能な自転車の番号が表示されるので、取りに行きます。

 

2分以内であれば別の自転車に変更することができます。返却時は出っ張りのあるところをはめ込むと赤いランプが点きます。

 

そして機械にカードをかざして、返却されたと書かれていたら、完了です。

 

Anton_Ivanov / Shutterstock.com

 

皆さんメキシコの交通機関には、様々な種類の乗り物がありましたね。日本よりも安く快適なのもあるので、是非メキシコに行く際は、利用してみてください。トラブルにならないように乗り方は注意してメキシコライフを満喫しましょう。